ドローン×サイボウズ、「kintone devCamp 2016 Spring」に行ってみた

サイボウズ

サイボウズ


サイボウズ社が定期的に開催している「kintone devCamp」。今回2016 Spring内にて、ドローンとサイボウズ社の「kintone(キントーン)」を組み合わせた開発中のデモストレーションを見てきました。

 
 

これまでドローンは、専用コントローラーや、専用アプリを入れたスマートフォンからしか操縦ができませんでした。
 
今回、「kintone(キントーン)」を導入することで、2つの可能性が生まれるようになります。
 

サイボウズ社の「kintone」

サイボウズ社の「kintone」


 
1つ目は、「kintone(キントーン)」を入れた端末(例えばPC)での操縦。接続したスマホやコントローラー以外でも操作ができるようになれば、色んな人が扱えたり、PCでの加工や共有がよりスムーズに利用できます。
 
「kintone(キントーン)」を使ってドローンのやりとりができるかもしれない!

「kintone(キントーン)」を使ってドローンのやりとりができるかもしれない!


 
2つ目は、ドローンで撮った画像が自動的にクラウド(kintone)に格納される点です。これまでドローンの映像や写真は、ドローン内のHDやSDカードに保存されていましたが、上手くクラウドに繋がれば、すぐに素材を利用でき、またドローン内の容量圧迫を防ぐことができます。
 
Parrot MINIDRONES エアボーン ナイト

Parrot MINIDRONES エアボーン ナイト


 

 
今回は、開発中のデモストレーションでしたが、担当者の「山下氏」によると上記の達成をまずは年内を目指したいとのことでした。
 

サイボウズ認定 kintoneエバンジェリストの山下氏

サイボウズ認定 kintoneエバンジェリストの山下氏


 
他にも「kintone devCamp 2016 Spring」 ではエンジニア向けのイベントを各会議室で開催しています。
 
各会議室、時間でセッションイベントが開催されている

各会議室、時間でセッションイベントが開催されている


 
気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?
 
事前申し込みをすれば誰でも参加できる

事前申し込みをすれば誰でも参加できる


 
今後も定期的に開催し、事前に申し込みをすればどなたでも参加できるそうです。
 
ドローン×サイボウズの未来にも期待が高鳴ります。
 
その他、こちらもチェック!

こちらの記事もご覧ください。