デジカメ(カメラ)からスマホに写真を取り込む(送る)転送方法!

デジカメからスマホに写真転送!便利な方法教えます

デジカメからスマホに写真転送!便利な方法教えます


デジタルカメラで撮影したデータを、ネットに投稿するのは、手間のかかる作業です。写真データをパソコンに転送するためには、パソコンを持ち歩く必要が出てきてしまいます。そこで、今回は、デジタルカメラで撮影した綺麗な写真をスマートフォンに手軽に転送する方法を紹介します。

 
スマートフォンに転送さえできれば、スマートフォンにて撮影した写真を同じように、編集やSNSへの投稿が可能です。スマートフォン内臓カメラで撮影した写真とは違う、デジタルカメラで撮影したワンランク上の写真を活用する方法としてご利用ください。
 
 

進化するスマホのカメラ機能

スマートフォンでよく使う機能として、メール、ブラウザ、音楽、SNSなど多数ありますが、特に重要な機能としてカメラ機能があります。携帯電話時代に搭載されたカメラ機能は、当初は「写メール」というネーミングで、メール添付してコミュニケーションとして活用するのが主でした。
 
それがスマートフォンの時代になり、メール添付だけでなく、ソーシャルネットワークに投稿することで、写真がコミュニケーションのツールに進化しています。スマートフォンアプリによる写真加工も進んでおり、写真が自己表現の手段として一般的になってきました。
 

デジカメやスマホを使い分けている方も多いはず

デジカメやスマホを使い分けている方も多いはず


 
スマートフォンのカメラ機能は、年々進化しており、どんなシチュエーションでも綺麗に撮影できるポテンシャルを持っています。しかしながら、写真において、クオリティを求めるのであれば、まだまだ、デジタル一眼レフやミラーレスデジタルカメラの写真の表現力には及びません。
 
それは、センサーサイズの大きさや、交換レンズによる解像度の高さなど、写真撮影に特化したデジタルカメラは、精細な表現が可能です。つまり、これらのデジタルカメラで撮影した写真をSNSに投稿して共有することで、スマートフォン以上の自己表現ができます。では、さっそく紹介します。
 

メモリカードリーダー経由

デジタルカメラは撮影した写真をメモリカードに保存します。対応メモリカードとしては、SDメモリカードを利用する機種が大多数です。
 
このSDメモリカードを、メモリカードリーダーにてスマートフォンに転送する方法を紹介します。スマートフォンは、USBにホスト機能を搭載している機種があります。これらの機種では、USBの外部機器(キーボード、マウス、メモリカードリーダーなど)が接続可能です。
 
この機能を利用して、メモリカードリーダーをスマートフォンに接続して写真データを転送します。なお、電力消費の大きなメモリカードリーダーの場合、給電しないとスマートフォンとの接続がうまくいかない場合があります。
 

メモリカードリーダー経由でSDメモリカードの写真をスマートフォンに転送している例

メモリカードリーダー経由でSDメモリカードの写真をスマートフォンに転送している例


 
パソコン用のメモリカードリーダーを利用する場合、USBをスマートフォンのUSB口の形状に合わせるために、microUSBや、USB Type-Cへの変換アダプタが必要となります。なお、スマートフォン用のメモリカードリーダーを利用する場合は、変換アダプタの必要はありません。
 
メモリカードリーダー経由でSDメモリカードをスマートフォンにマウントさせた後に、スマートフォンの写真アプリにて、スマートフォンに転送、もしくは、そのままSNSに投稿も可能です。
 
なお、メモリカードリーダーをスマートフォンから外す場合は、スマートフォンの設定の項目にて、USBメモリのマウント解除をしてから外した方が、SDメモリカードが万が一壊れてしまうというトラブルを防ぐことができます。
 
こちらの記事もチェック

 

USBケーブルにてカメラとスマートフォンを直結

デジタルカメラの中には、パソコンとUSB接続すると、USBメモリーのようにデジタルカメラ内のメモリカードをマウントできる機種があります。
 
この場合は、前述したUSBホスト機能を持つスマートフォンを利用することで、デジタルカメラとスマートフォンの接続が可能です。カメラ内のSDメモリカードをスマートフォンにマウントできます。この方法を利用する際は、カメラ付属のUSBケーブルとmicroUSB-USB変換アダプタを用意する必要があります。
 

デジタルカメラとスマートフォンをUSBケーブルにて接続

デジタルカメラとスマートフォンをUSBケーブルにて接続


 

 

こちらの記事もご覧ください。