デジカメ(カメラ)からスマホに写真を取り込む(送る)転送方法!

 

無線LAN内蔵SDメモリカード

デジタルカメラに使用するSDメモリカードを、無線LAN機能を内蔵したカードに変更することで、SDメモリカードをデジタルカメラに内蔵したままで、スマートフォンへの転送が可能になります。
 
デジタルカメラの電源を入れて、SDメモリカードの無線LANアクセスポイント機能をオンにした後に、スマートフォンから、このアクセスポイントに接続します。その後、スマートフォンのブラウザやアプリにて、SDメモリカードに保存されているデータにアクセスができ、スマートフォンへの転送が可能になります。
 
無線LAN接続が完了すれば、デジタルカメラを鞄にしまったままでも、スマートフォンで画像の確認、画像の転送ができます。代表的な無線LAN内蔵SDカードとして、「Eye-Fi Mobi(アイファイモビ)」(Eyefi製)、「Flash Air」(東芝製)があります。なお、無線LAN内蔵SDカードを利用した場合、デジタルカメラのバッテリーの消費が大きくなりますので、注意が必要です。
 

無線LAN内臓SDカードの例

無線LAN内臓SDカードの例


 
こちらの記事もチェック

 


 

カメラ内蔵無線LAN機能

デジタルカメラには、無線LAN機能を内蔵している機種があります。この機種では、デジタルカメラとスマートフォンと無線LANにて接続後、写真データの閲覧、転送が可能になります。
 
また、NFC機能を内蔵しているデジタルカメラとスマートフォンの組み合わせの場合、デジタルカメラとスマートフォンをタッチさせるだけで、写真データの転送が可能になります。
 

NFCと無線LAN機能によりデジタルカメラからスマートフォンに写真を転送している例

NFCと無線LAN機能によりデジタルカメラからスマートフォンに写真を転送している例


 
いかがでしょうか。デジタルカメラで撮影した写真を手軽にスマートフォンに転送さえできてしまえば、スマートフォン内蔵カメラで撮影した写真と同様に扱うことができます。クオリティの高い写真をSNSで共有したいユーザは、ぜひお試しください。
 
便利なグッズもチェックしよう!

 
デジカメ?スマホ?パナソニックの「LUMIX CM10」

こちらの記事もご覧ください。