【FAQ】Chromeの「データセーバー」機能ってなんですか?

Q:Chromeの「データセーバー」機能ってなんですか?

A:Chromeブラウザのデータ通信量を約半分に節約できる機能です。

 
Chromeブラウザには通信量を大幅に削減できる「データセーバー」という機能が実装されています。どれくらい節約になるかというと以下の画像の通り、通信量が約半分になります。驚異的ですね。

 

ブラウザの通信量が約半分に!

ブラウザの通信量が約半分に!


 
またこの「データセーバー」機能はONにしておくと、通信量の節約だけでなく、フィッシング詐欺サイトなど不正サイトにアクセスすると警告を表示してくれるようになります。
 
「データセーバー」機能はChromeでサイトを読み込む際にまずGoogleのサーバで圧縮→ダウンロードしてスマホ内で展開してブラウザ上に表示するという仕組みになっています。ちなみに「https」のセキュア状態でのアクセスは圧縮の対象外になっています。
 
それでは設定方法です。Chrome右上にあるメニューボタンから「設定」を開きます。
 
Chrome右上のメニューから「設定」を選択

Chrome右上のメニューから「設定」を選択


 
続いて下部にある「データセーバー」をタップ。スイッチがあるのでONにすれば完了です。
 
下部にある「データセーバー」をタップして設定をONにするだけ

下部にある「データセーバー」をタップして設定をONにするだけ


 
あとは普通にブラウジングすれば勝手に節約されます。Chromeをお使いの方はぜひONにすることをおすすめします。

 

Google関連のサービスをチェック

 
 

こちらの記事もご覧ください。