『Pokémon GO(ポケモンGO)』歩く・走る・自転車で超役立つグッズ3選+充電消耗を抑えるバッテリーセーバー機能の活用

自転車にスマホを固定できる

上記のように移動することでポケモンの発見や卵の孵化ができる『Pokémon GO(ポケモンGO)』。そこで自転車に載って移動する方もいらっしゃいます。が、自転車に乗りながら片手で操作するのは大変危険です。
 
ポケットに入れておいても、注意が散漫しますし、ポケモン発見の振動が伝わらないことも。そんな方に安心安全な【自転車専用マウントフォルダー CAPDASE】。
 
自転車専用マウントフォルダー CAPDASE
 
自転車のハンドルに固定するため、『Pokémon GO(ポケモンGO)』の画面をチラッと確認できます。もちろん走行中の操作は危険なので、見つけたときは自転車を止めて操作すればOK。自転車を置いて離れるときも、ホルダーごと外せるので、スマホの置き忘れもありません。
 
詳細はこちら

 
 
それぞれ、『Pokémon GO(ポケモンGO)』を遊ぶ際にとても便利です。日常的に使うことができるので、他のアプリの利用や『Pokémon GO(ポケモンGO)』に飽きて(笑)やめたあとも、使い続けることができます。
 
 

『Pokémon GO(ポケモンGO)』のバッテリーセーバー機能

どんなグッズを使おうともGPSと起動時間が長い『Pokémon GO(ポケモンGO)』は、バッテリー消費が激しいです。少しでも、軽減できる「バッテリーセーバー機能」を利用していますか?
 
『Pokémon GO(ポケモンGO)』のモンスターボールマークをタップ→設定→「バッテリーセーバー」のレ点チェックをつけるだけ。
 

設定からバッテリーセーバーのレ点をつけるだけ

設定からバッテリーセーバーのレ点をつけるだけ


 
「バッテリーセーバー」はスマホを逆さにすると、画面が暗転するという機能。
 
普通に使っている状態(上向き)にすると明るい

普通に使っている状態(上向き)にすると明るい


 
逆さにすると暗転して、バッテリーの消耗が抑えられる

逆さにすると暗転して、バッテリーの消耗が抑えられる


 
バックグラウンドでは動いているので、ポケモンを発見した際には振動して教えてくれます。ポケットに入れておくときも、逆さにしておくことで、誤動作が防げて、バッテリーの消耗も抑えられて一石二鳥です。
 
まだ機能を使ったことがない方はぜひお試しください。
 
その他、『Pokémon GO(ポケモンGO)』についてはこちらをチェック!

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!