意外と知らない道具がいっぱいの時の対処法!知って得する豆知識『Pokémon GO(ポケモンGO)』

Pokémon GO(ポケモンGO):もうこれ以上持てません!

Pokémon GO(ポケモンGO):もうこれ以上持てません!


 
ちょっともったいないと思うかもしれませんが、ここは思い切ってあまり使わない道具を捨ててしまいましょう。
 
筆者のオススメ捨て道具は「きずぐすり」。ジムに挑んで傷ついたポケモンのHPを回復する道具ですが、ジムに挑まないうちは全く使いませんので、捨ててもあまり支障はないはずです。道具所持数を圧迫してボールを持てなくなってしまってはポケモンを捕まえられず本末転倒ですからね。トレーナーレベルが上がると回復量の多い「いいきずぐすり」もちょくちょくポケストップで拾えるようになるのでそちらを集めておく方が効率がいいと思います。
 
▼道具の捨て方はこちら!
Pokémon GO(ポケモンGO):道具の断捨離

Pokémon GO(ポケモンGO):道具の断捨離


 
どうしても道具の所持数を増やしたい!と言う方はショップで「バッグアップグレード」を利用しましょう。1回200ポケコインで道具所持数上限が50個増えます。(2015年7月27日現在最大所持数1000個まで) こちらもご利用は計画的に!
 
 

●「たまご」は必ずふかそうちにセット!!

ポケストップをめぐっていると時々手に入る「たまご」。これは、「ふかそうち」に入れた状態でプレイヤーが歩くことで孵(かえ)せるポケモンのたまごです。何が生まれてくるかは、孵化(ふか)までに歩く必要距離で3種類に大別されます。
 

  • 2km:よくもらえる。あまり強くないポケモンがかえるが、まれにゼニガメ、フシギダネ、ピカチュウ、ヒトカゲがかえるので侮れない。
  • 5km:時々もらえる。ほどほどレアなポケモンがかえる。(ポニータなど)
  • 10km:激レア!滅多にもらえない。レアポケモンがかえることが多い。(カビゴンなど)

 
さらに、たまごがふかすると経験値ももらえます。せっかく歩くのですから、手に入れたたまごは忘れずに「ふかそうち」にセットしましょう!セット方法はこちら。

Pokémon GO(ポケモンGO):たまごはここで確認

Pokémon GO(ポケモンGO):たまごはここで確認


 
 
Pokémon GO(ポケモンGO):ふかそうちを選ぼう

Pokémon GO(ポケモンGO):ふかそうちを選ぼう


 
「ふかそうち」は無限に使えるものを最初から1つ持っています。このほかに、使用回数制限付きのものがレベルアップしたときもらえることがありますし、なくなったらショップで買うこともできます。
 
ここで注意なのですが、「ふかそうち」でたまごをかえすための距離は、時速10kmを超えると加算されません。成人の歩行速度は時速4~6kmと言われています。走り慣れている人のジョギングだとちょっと速すぎますし、自転車もアウトです。競歩ならセーフでしょうか。
 
なにはともあれ、周りに気を付けつつ歩いて頑張りましょう。つわものはルンバの上にスマホを乗せて動かしているらしいですが…?未検証なのでご自宅にルンバなどの自動掃除機がある方は試してみる価値はあるかもしれませんね!
 
それでは、よい『Pokémon GO(ポケモンGO)』ライフを!
 
 

マナーについてはこちらをチェック!

こちらの記事もご覧ください。