Chromecastのゲストモードの使い方

Chromecastのゲストモードの使い方は?

Chromecastのゲストモードの使い方は?


Chromecastには、同一のWi-Fiに接続していなくても利用できる「ゲストモード」という便利機能があります。
 
遊びに来た友だちの端末に入っている動画や音楽などのコンテンツを見せて貰う際にWi-Fiに接続していなくてもキャストできます。
 
ちなみに「Chromecast audio」でも利用できます。便利な機能なのでお持ちの方は設定しておきましょう。

 
 

Chromecastの設定

まずはChromecastのゲストモードをONにします。『 Google Cast』のアプリを起動します。
 

『Google Cast』を開いて端末を選択し「ゲストモード」をONにする

『Google Cast』を開いて端末を選択し「ゲストモード」をONにする


 
続いて、「デバイス」から端末を選択し右上のメニューから「ゲストモード」を選択します。中央付近にスイッチがあるのでONにすれば完了です。
 

ゲストでの接続方法

それではゲストモードで接続してみましょう。まず、端末のWi-FiをONにします。あとは普通にキャストするのと同じです。今回はサンプルで『YouTube』をキャストしてみましょう。
 
まず『YouTube』右上のキャストボタンをタップします。そうすると「付近の端末」と表示されるので選択して接続します。
 

キャストボタンをタップし「付近の端末」に接続

キャストボタンをタップし「付近の端末」に接続


 
しばらくすると4桁のPINコードの入力ダイアログが表示されるので、テレビ画面に映っているPINコードを入力しましょう。しばらくすると接続が完了して映像が再生されます。
 
PINコードを入力して少し待てばキャスト完了

PINコードを入力して少し待てばキャスト完了


 
キャストを停止したい場合は、通常のキャストの動作と同じで動画をタップして「キャストの停止」をタップしましょう。
 
停止方法は通常のキャストと同じ(左)一度接続すればPINがリセットされるまで自動接続可能(右)

停止方法は通常のキャストと同じ(左)一度接続すればPINがリセットされるまで自動接続可能(右)


 
ちなみに一度接続すれば端末やChromecastを再起動するまではPINコードなしで接続できます。
 
ご自宅以外でも会社の会議や小さなイベントやパーティーなどでも利用できます。ぜひ色々活用してみてくださいね!

 

「ChromeCast」関連の記事はコチラ!

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!