仏パロット社が新ドローンを発表!運搬からボール発射までできるミニドローンが15,000円で購入可能

 

Parrot Mambo

「Parrot Mambo」、こちらも63gの超軽量ドローン。従来のドローンと似たデザインをしています。
 

Parrot Mambo

Parrot Mambo


 
しかし驚きは付属のアクセサリー。「キャノン」を装着すると射程距離2メートルまでボールの発射ができます。
 
付属アクセサリーのキャノンを装着すればボールを発射できる

付属アクセサリーのキャノンを装着すればボールを発射できる


 
また「グラバー」を装着すれば、最大重量4gまで運搬が可能になりました。紙やチョコレート、角砂糖といった物まで運べるようになります。
 
ドローンを使って運搬も可能

ドローンを使って運搬も可能


 
価格は15,000円(税別)、同じく10月発売予定です。飛ばす以外の遊び心を備えた新ミニドローンなら、屋外はもちろん、屋内でも十二分に遊び尽くせます。
 
動画をご覧ください。
 

 
動画が見られない方はこちらから
 
他にもミニドローン用の高精度操縦リモコン「Parrot Flypad」も発表。
 
Parrot Flypad

Parrot Flypad


 
通常アプリ『FreeFlight Mini』をインストールすれば、AndroidスマホやiPhoneからBluetooth接続で無線操縦ができます。しかし、より安定したフライトを楽しみたい場合は、専用コントローラー「Parrot Flypad」を使うことで最大60メートルの長距離飛行も可能になります。
 
価格は5,000円(税別)で同じく10月発売予定です。
 
 
高城剛氏の「空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?」で紹介されたドローンのメーカーとして、アメリカの「3Dロボティクス社」、中国の「DJI社」、そしてフランスの「パロット社」がありますが、「パロット社」は本書でも紹介されているように、「遊び心を大切にしたドローン」という制作方針を、今回も変わらずに貫いてくれています。
 

 
遊び心、そして冒険心を備えた新ミニドローンなら、値段も20,000円以内で購入できるので、プレゼントにも打ってつけ。少し早いクリスマスプレゼントや忘年会の賞品として検討してみてはいかがでしょうか。
 
ドローンについてはこちらも参考に!

こちらの記事もご覧ください。