『知っておきたいセキュリティ対策』何のセキュリティ対策もしていないスマホのGoogleアカウントを無効化する方法

「端末のアクティビティと通知」にある「デバイスを確認する」をクリック

「端末のアクティビティと通知」にある「デバイスを確認する」をクリック


 
ここに現在Googleアカウントにログインしている端末全てが表示されるので、紛失した端末を選択し「削除」をクリックすれば完了です。
 
中央の赤い「削除」ボタンをクリックしよう

中央の赤い「削除」ボタンをクリックしよう


 
これで該当の端末からは自分のGoogleアカウントの利用が一切できなくなります。
 
「削除」するとスマホにはログインできないという通知が届く

「削除」するとスマホにはログインできないという通知が届く


 
 
ただし、すでにメーラにあるメールやスマホ内のデータについてはアクセスできるのであくまで緊急措置になることをお忘れなく。
 

運がよければ「スマートフォンを探す」が利用できる

先程の「削除」のページに「この端末を紛失した場合」というリンクがあったことにお気づきでしょうか?
 

設定次第では「スマートフォンを探す」機能が使える

設定次第では「スマートフォンを探す」機能が使える


 
このリンクをクリックすると「スマートフォンを探す」というWeb版の『Androidデバイスマネージャー』ページにアクセスできます。
 
端末の設定がONになっていれば、ここからスマホを逆探知したりロックをかけたり、端末を初期化することもできます。アカウントを端末から消去する前に一度アクセスしてみてください。
 
詳しくはこちらの特集をチェック!

 
以上がもしものための設定です。なんにせよ普段からセキュリティ対策をしておけばいざという時に慌てなくてすみます。
 
最近はAndroid自体にセキュリティ対策が組み込まれていっているので、アプリのインストールも良いですが、まずOS側のセキュリティ設定はONにしておくことをおすすめす。
 
 
その他、セキュリティ関連の特集をチェック!

こちらの記事もご覧ください。