『Googleフォト』で写真を消したらスマホ内のデータも消えてしまう?やっておきたい対処法

アプリやWebを使う場合の注意ポイント

さて、ではオンライン上で削除してもスマホに影響が出ない方法です。すごくぶっちゃけて言うと、なんとかなる便利な設定はないので、ご自身の運用でカバーするしかありません。
 
と言ってもそんなに難しいことはありません。以下いずれかの方法でカバーできます。
 

  • Dropbox』など別のオンラインストレージも併用してバックアップ先を多重化
  • 写真の全データを別途ストレージ内に自動コピーする
  • 消したくない写真は別フォルダに移動させる

 
まず1つめ別のオンラインストレージの併用する。これが1番簡単ですね。写真のバックアップ先の多重化もできるので間違えて消してしまっても復旧が可能です。
 

 
注意点はオンラインストレージの容量です。当たり前ですがオンラインストレージは容量制限があります。『Googleフォト』が無制限なので、気がついたら容量が…事態もないとはいいきれません。
 

 
2つ目は、端末内に写真のバックアップを自動で作成するという方法です。スマホ内のデータをスケジュールした時間に自動でコピーしてくれるアプリを利用して写真をスマホ内の別ディレクトリにバックアップします。
 

バックアップの設定はフォルダ横にあるアイコンで判断できる

バックアップの設定はフォルダ横にあるアイコンで判断できる


 
アプリは『 Redirect File Organizer』などを利用すると良いでしょう。こちらの注意点もファイル容量です。とは言うものの、昨今のSDカードは大容量なのでオンラインストレージほど気にする必要はないでしょう。
 

 
3つめは2つ目の手動版ですね。大事な写真だけ手動で別フォルダにコピーする。ほか2つの注意点である容量問題はありませんが、全部人力なので1番手間がかかります。
 

2つ目3つ目の注意は自動バックアップの設定が出た時に間違えてONにしないこと!

2つ目3つ目の注意は自動バックアップの設定が出た時に間違えてONにしないこと!


 
以上の方法いずれかの方法で、写真が消えてもなんとかなります。いずれにせよ手間がかかるので気にせず使うというのも1つの手です。
 

 
以上が『Googleフォト』を利用する上での注意点です。便利ですが気をつけて利用しましょうね!
 
Google関連のサービスをチェック

こちらの記事もご覧ください。