『Googleフォト』で写真を消したらスマホ内のデータも消えてしまう?やっておきたい対処法

無制限だけど注意が必要

無制限だけど注意が必要


1600万画素の写真を容量無制限で保存できるGoogleのオンラインストレージ『 Googleフォト』。
 
バックアップ機能をONにしておけばスマホ内の全写真を余裕でバックアップできる超スグレモノなサービスです。筆者も当然利用し、撮影した写真はWi-Fi経由で全てバックアップしています。
 
しかし!その便利な『Googleフォト』ですが、実はアプリでの写真の操作を気をつけないと『Googleフォト』上の写真と一緒にスマホ内の写真も消えてしまいます。
 
という訳で今回は『Googleフォト』を使う上での注意をレクチャーします。理屈がわかれば簡単ですのでご利用の方は注意として覚えておきましょう。



Googleの写真管理についてはこちらもチェックしておこう!

 
 

写真の本体はオンライン上

そもそもなぜ『Googleフォト』上で消去した写真がスマホ上からも消えるのか?と言うと、『Googleフォト』の写真の取扱いが関係してきます。
 

初回削除の際にこんなダイアログが!よく読まないと大変なことに…

初回削除の際にこんなダイアログが!よく読まないと大変なことに…


 
通常は手元にあるデータが本体でオンラインストレージなどは「バックアップ先」という認識だと思います。
 
しかし『Googleフォト』の場合は逆で『Googleフォト』上にあるファイルが本体で端末にあるのがバックアップのファイルという、端的に言えば主従が逆転している状態の管理になります。
 
それ故、オンライン上の写真を削除するとスマホ内の写真も削除という現象が発生します。
 
なぜこのような仕様になっているのかはGoogleの中の人にでも聞かないとわかりませんが、まず「管理の主従が逆」ということを念頭においておきましょう。

こちらの記事もご覧ください。