「ポメラDM200」とスマホの連携でテキスト入力がとっても楽に!

「ポメラDM200」に、スマートフォンのテザリングのアクセスポイントを登録しておけば、すぐにネット接続が可能になります。
 
テザリングについてはこちらの記事をチェック

 

Gmailを利用してスムーズにスマホにテキスト転送

ポメラシリーズは、端末内に文書を保存することに特化した端末です。QRコード変換機能を搭載しているため、文書を分割してQRコード化して、スマートフォンで読む方法はありますが、長文を利用する場合など現実的ではありません。
 
ケーブル接続してパソコンと連携したり、メモリカード経由で文書ファイルを渡す方法がメインとなっていましたが、「ポメラDM200」より、Gmailによる送信が可能になりました。送信先のアドレスを自分のアドレスにしておけば、作成した文書を自分宛てにメールとして送信できます。
 

Gmailを利用した文書転送

Gmailを利用した文書転送


 
また、送信先のアドレスを『Evernote』のアップロード用アドレスにしておけば、『Evernote』にアップロードが可能になります。
 
Gmailや『Evernote』にアップした文書を、スマートフォンで読み込むことで、スマートフォンとの連携が便利にできます。「ポメラDM200」で作成した文書は、テキスト形式となりますので、スマートフォンでワード文書化など、加工をすることで、実用的になります。
 
 

 
 
「ポメラDM200」は、スマートフォンのBluetoothキーボードとして利用が可能です。通常のBluetoothキーボードと同じように、スマートフォンとペアリングすることで、「ポメラDM200」のディスプレイは消灯され、Bluetoothキーボードになります。快適なキー入力が可能なため、他のBluetoothキーボードより、効率的に入力が可能です。
 

スマートフォンのBluetoothキーボードとして活用

スマートフォンのBluetoothキーボードとして活用


 
デジタルメモ「ポメラDM200」は、無線LAN機能の搭載により、文字入力機器だけでなく、スマートフォン連携による文書の共有機能が強化されています。スマートフォンユーザーは是非ご活用ください。
 
「ポメラDM200」スペック

サイズ 幅263mm×高さ18mm×奥行き120mm、重さ580g
メモリースロット SDカード、SDHCカード
画面サイズ 7インチ
バッテリー駆動時間 18時間
通信機能 無線LAN、microUSB

こちらの記事もご覧ください。