追憶しよう!紋章の謎の「マルス」や封印の剣「ロイ」など懐かしきキャラクターに出会える『ファイアーエムブレム ヒーローズ』

懐かしきキャラクターたちと再会できる

懐かしきキャラクターたちと再会できる


先日スマートフォンに初めてリリースされた「ファイアーエムブレム」シリーズの最新作『ファイアーエムブレム ヒーローズ』。
 
既にプレイされた方も多いでしょう。今回はチュートリアルの続きを紹介します。

 
 
チュートリアルについてはこちらをチェック!

 

チュートリアルが終わるとメインストーリーの始まりです。序章からスタート。
 

本格的な物語が始まる

本格的な物語が始まる


 
ここで「アンナ」さんと「ヴィオール」に加えて、「アルフォンス」、「シャロン」、「マシュー」、「レイ」の4人が参加。それぞれ勇者(戦士)、盗賊、魔導士と合計で6人のキャラクターが揃ったことになります。
 
キャラクターは4人まで設置可能!

キャラクターは4人まで設置可能!


 
序章では、まずあの懐かしき姉妹たちが登場します。
 
ペガサス姉妹とミネルバ、マリアが登場

ペガサス姉妹とミネルバ、マリアが登場


 
そう、「パオラ」、「カチュア」のペガサス姉妹です。そしてこの2人に加えて、「ミネルバ」、「マリア」も揃いマケドニアの美女たちが我らを迎え撃ちます。
 
赤い竜騎士、ミネルバ

赤い竜騎士、ミネルバ


 
早速の強敵に怯えながらも、戦闘が進むと序章なのでサクサク倒せます。敵ながらファンとしてはちょっとガッカリ……。
 
本作品も飛行部隊には弓キャラクターが有効

本作品も飛行部隊には弓キャラクターが有効


 
早くガチャを回して味方にしたいです。ちなみに前回危惧していた戦闘で死んだ場合も、次のバトルでは復活するので何度でもやり直せます。遊びやすくなった反面、緊張感が減りましたね。
 
戦闘に出撃できるのは4人までなので、成長させるキャラクターや全体のバランスを考えてユニットを組みましょう。
 
 

VSマリク

戦闘シーンで注意したいことは2つ。各キャラクターには攻撃技や武器に加えて、補助の能力を持った人物がいます。例えば「シャロン」には「攻撃の応援」という能力を持ち、自ターン時に隣り合った味方のキャラクターに重ねると攻撃力が増します。
 

スキルは成長させると追加で覚えることもできる

スキルは成長させると追加で覚えることもできる


 
相手ターン時に戦士キャラクターを盾にする場合や、アーチャーや魔導士で遠隔攻撃をする場合に、ダメージを増やすために忘れずかけておきましょう。ちなみに能力を使った場合はそのキャラは行動終了となります。
 
もう一点は各キャラクターの属性です。赤は緑に強く、緑は青に強く、青は赤に強くなります(逆の場合は弱く)。
 
相性をよく考えて出撃しよう

相性をよく考えて出撃しよう


 
バトル時には右下に法則が載っているのと、敵味方問わず各キャラクターアイコンに表示されているのでアタックする際は法則を意識しないと思わぬ打撃を受けてしまいます。
 
VSマリク!赤>緑の相性で勝負は優勢!

VSマリク!赤>緑の相性で勝負は優勢!


 
出撃するキャラクターを4人全員赤などにすると、青の敵キャラクターに苦戦するのでバランスよく出撃させましょう。
 
懐かしきキャラクターが敵(そして味方)として登場し、スマホ版として操作性が改良された『ファイアーエムブレム ヒーローズ』。登場人物を通してあの頃を追憶できる本作をぜひ遊んでみてください!
 

 

 

課金するのにお得

課金するのにお得


 

こちらの記事もご覧ください。