今更ながらKindle Fireをゲットしたので使い勝手をレビュー「セットアップ編」

上部にコネクタやスイッチ類が集約

上部にコネクタやスイッチ類が集約


 
スイッチやコネクタの類はほぼすべて上部に集約されています。左からイヤホンジャック、ボリュームボタン、充電口、電源ボタンです。
 
microSDカードのスロット

microSDカードのスロット


 
 
右側面にmicroSDカードの挿入口があります。SDは最大で200GBのmicroSDXCカードに対応しています。
 
裏面にカメラとスピーカー

裏面にカメラとスピーカー


 
 
裏面には、上部に200万画素のカメラと下部にモノラルスピーカーがあります。本体のサイズは、縦19.1cm×幅 11.5cm ×厚さ 1.06cm重さは313gです。
 
外見的なスペックは以上となります。続いてはセットアップと内部スペックを紹介します。
 

セットアップも簡単

電源ボタン長押しで起動するとセットアップが開始されます。セットアップと言っても実はほとんどすることはありません。
 

最初に言語とWi-Fiの設定をするだけ

最初に言語とWi-Fiの設定をするだけ


 
というのも購入時に『Amazon』のアカウントと紐付けた状態で発送してくれるので、Wi-Fiへの接続をするだけで「あなたは○○さんですか?」と表示してくれます。
 
アカウントのヒモ付がされているので基本確認していくだけの作業

アカウントのヒモ付がされているので基本確認していくだけの作業


 
いちいちメールアドレスとパスワードを入力する手間がなく簡単なセットアップって最高ですね!
 

こちらの記事もご覧ください。