TCG上級者よ集え!高い独自性で複雑に分岐していくガチ対戦に痺れる対戦カードゲーム『WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)』

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)


『WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ:ウォーブレ)』は「デュエル・マスターズ」や「WIXOSS」等の有名TCGを手掛けるタカラトミーの新作カードゲーム。

 
大型召喚・相手を妨害などコンセプトが異なる5つの国家(属性)から選んでデッキを組む。
 
ターン制で、カードはメモリー(コスト)を支払ってのプレイ。3ターン目からはメモリー増or追加ドローの2択から毎回選べる。


 

一言でいうと、分岐点がメチャ多くて濃密な駆け引きが味わえるデジタルTCG!

基盤はハススト・シャドバと同じだが独自性が強くて複雑。プレイングによる差が顕著に表れるゲーム性。
 
カード毎に豪華フルボイス、美麗イラスト、特にBGMに自信があるようでクオリティは高い。
 
今なら28パック×7枚の計196枚分を即引けるので、新天地を求めるゲーマーなら試してみる価値アリだ。
 
 

『WAR OF BRAINS』は深すぎる戦略性を上級者ならば遊びこなせるハズ!

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):▲初期TCGにほぼ確実にいる強キャラ爺。

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):▲初期TCGにほぼ確実にいる強キャラ爺。


 
それなりにTCGを遊んでいる筆者でも、初見は迷いに迷ったくらいの独自要素と戦略性が詰められている。
 
所持しているとマイナス効果のウイルスカードを相手に送ったり、容易に敵ユニットのコントロールを奪ったりなど。
 
相手ターンに発動する遊戯王「トラップ」はコストは0で使用可能。
 
最高レアのGAME CHANGERは同種1枚のみ構築可だが、一発で逆転可能なパワーを持つ。
 
他にも最大メモリーを0にして追加召喚できるオーバーヒート、国家毎の必殺技ソウルバーストなど、カード以外でやれるシステムも多い。
 
特にターン毎のコストor手札による選択の幅が広く、デッキ構築も含めると難易度が高くて、TCG初心者には勧め難い。
 
裏返せばそれだけ奥が深く、煮詰め甲斐のあるTCGとも言える。上級者こそが挑むべき作品かもしれない。
 
 

『ウォー・オブ・ブレインズ(ウォーブレ)』序盤攻略のコツ。

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):▲5人から選べるナビキャラが可愛い。

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):▲5人から選べるナビキャラが可愛い。


 
まずはプレゼントを受け取り、GAME CHANGERが確定する1BOX(24パック)と4パックを引こう。リセマラもあり。
 
LAPISのベーシックデッキをコスト1多めの速攻デッキに組み替えて、プラクティスで他の国家に勝利し、使用可能にしよう。
 
基本はGAME CHANGERを持ってる国家をメインにしたい。あるかないかで命運が別れる場面も多い。
 
リリース直後の環境では、アグロデッキ(低コスト)で早々に20ライフを削りきるスタイルが強いっぽい。機械族中心だと尚良し。
 
オーバーヒート効果は強力だが、耐えられると次ターンはコスト1なのでほぼ負け。最後の詰め以外は控えて慎重に使おう。
 
 

ゲームの流れ

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント1

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント1


 
やーー、むずい。説明も中途半端なので初心者お断り感が強い。
 
その分奥が深いし、負けたら超悔しいし、勝ったら超嬉しいけど。
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント2

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント2


 
最初はマリガン。後攻は4枚。
 
低コストが充実してるように思ったけど、中盤も弱いと負ける。バランス難しすぎる。
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント3

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント3


 
これは上手く行ったパターン。操作はハススト・シャドバと同じでダイレクトアタックも可能。
 
ユニットだけど、装備魔法みたいに使えるブーストとか。共通の独自効果も多い。
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント4

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント4


 
ウイルス。プレイヤーに直接攻撃したらマイナスカードを送る。
 
通したくないけど体力高いの多いし、ウイルスも処理にはコストが必要。
 
国家毎に効果も違うし、中々面白いシステム。
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント5

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント5


 
GAME CHANGERには全敵ユニットを50%で奪うとか、あり得ない効果もある。優勢だろうが一気に引き抜かれる。
 
同種は40枚中の1枚までなのが幸いだけど、これ引けるかの運ゲーにならないかは不安。
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント6

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント6


 
1つのカードでも複数種類の効果から選択できたりもする。
 
加えてソウルバーストやら諸々を含めると、本当に選択肢の幅がエゲつない。
 
一戦一戦の体力消耗がハンパ無い。
 
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント7

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント7


 
デッキ編成画面。見慣れたUIで見やすい。
 
始まったばかりだし、定石とかテンプレ構築が見つかっていけば遊びやすくなるかも。
 
その開拓感に楽しみを見出だせるかが分かれ目かな。
 
WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント8

WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ):ポイント8


 
ユニットのプレミア版はキャラ専用サインまで入ってて笑える。
 
声優は田村ゆかりさん、悠木碧さんなど豪華。
 
負けても心が折れないよう頑張ってね。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
ノスミスノスミス
他のスマホTCGじゃ満足できないような人達にこそ推薦できる。好きな人はトコトン好きになれそう。

 
 

ノスミスノスミス
とにかく難しい、これに尽きる。背景ショボい、配布厳しそうな所も。動作はiPad Air2で快適。

 
 
<記事提供元>
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 

アプリ★ゲットおすすめのアプリをもっと見る
いえねこいえねこ

全部で100匹以上のねこ!ねこたちの可愛さを追求した猫育成シミュレーション!
 
トントン海賊団トントン海賊団
海賊王に俺は…ドンッ(発射音)!?ユニットを撃ちだして敵船で戦う海賊バトルシミュレーション

 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。