Android 7.0の新機能まとめ!より便利になったアンドロイド7.0の違いは?

 
活用例としては、方法としては、画面上部に『YouTube』などの動画再生画面を置き、画面下部に『Chrome』を置くことで、動画を見ながらWEB閲覧が可能になります。
 

マルチウィンドウ

マルチウィンドウ


 

通信量を節約できるデータセーバー

通信量の節約機能として「データセーバー」が搭載されました。バックグラウンドアプリによる通信を停止する機能です。設定→データ使用→データセーバーから利用できます。
 
アプリは、バックグラウンドにて通信を行うことで、データの取得を自動で行うことはできますが、パケットの消費に繋がるため、バックグラウンドの動作を制御することで、情報取得はできなくなりますが、通信量の節約になります。
 
 

 
 
データセーバーをオンにしても、データ通信を制限しないアプリを設定することもできます。メールアプリやSNSアプリなど、リアルタイムでデータを受信したいアプリに設定しましょう。
 

データセーバー

データセーバー


 

アプリ履歴ボタンで1つ前のアプリを起動

アプリ履歴ボタンをもう1度タップすることで、前のアプリに戻ることができるようになりました。2つのアプリを行き来したい場合は、アプリ履歴ボタンを2回タップを繰り返せば、2つのアプリをトグルして利用できます。
 

アプリ履歴

アプリ履歴


 
Android 7.0の新機能は、UIを中心にユーザの使いやすいさがアップしています。今後リリースされるAndroidスマートフォンは、Android 7.0が搭載される機種が中心となってきます。
 
また、Android 7.0へのバージョンアップされる端末も発表されていますので、対象ユーザの方は、是非アップデートしましょう。
 

Android 7.0についてはこちらの記事もチェック

こちらの記事もご覧ください。