Android 7.0の新機能まとめ!より便利になったアンドロイド7.0の違いは?

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Android 7.0の新機能まとめ!より便利になったアンドロイド7.0の違いは?
より便利になったAndroid 7.0新機能まとめ

より便利になったAndroid 7.0新機能まとめ

Android OSが7.0にメジャーアップデートされました。新機種に搭載されるだけでなく、従来機種へのアップデート対応も、機種によっては行われます。

 

今回のバージョンアップにて、多くの機能追加が行われましが、UIを中心に便利になった機能を紹介します。

 

Android 7.0についてはこちらの記事もチェック

 

Android OSのアップデートは積極的に!

スマホやタブレット(タブレットPC)に搭載されているAndroid OSは、定期的にアップデートされます。

 

最新のOSにバージョンアップすることで、本体インターフェースが変わり使いやすくなったり、処理の効率化が行なわれバッテリー性能が向上したりします。

 

そのため、積極的に最新OSを利用したいですね。

通知領域のリニューアル

Android 7.0では、通知領域(通知パネル)のリニューアルが行われました。通知領域の表示幅(幅x)がディスプレイ(ホーム画面やロック画面)の横幅まで広がり、視認性が上がっています。
 
 

 
 

通知領域からアプリを経由せずに直接閲覧や操作ができるようになりました。例えば、画面キャプチャーを撮って、メールにファイルを添付する場合では、画面キャプチャ取得の通知から「共有」することでメールアプリを直接起動できます。

 

通知領域

通知領域

 

複数の画面が表示できるマルチウィンドウ

1画面上に複数のアプリを同時に表示することが可能になりました。利用方法は、アプリ履歴をロングタップすることでマルチウィンドウ機能を有効化して、画面上部に一つのアプリを配置した後に、画面下部にもう一つのアプリを配置します。

 

横画面で利用する際には、左右にアプリが配置されます。マルチウィンドウの上下の幅はドラッグにて変更することができます。上下幅を一番上か、一番下まで伸ばすことで、シングルウィンドウに戻すことができます。

 
次のページ:通信量を節約できるデータセーバー

1 2
  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加