【FAQ】Android 7.1に隠し機能!特定コマンドでアプリの強制終了が可能

2017年07月13日 06:00 by 編集部はた
【FAQ】Android 7.1に隠し機能!特定コマンドでアプリの強制終了が可能

Androidの使い方FAQ

 

Q:Android 7.1に隠し機能!特定コマンドでアプリの強制終了が可能

 

A:戻るボタンを0.3秒以内に4回押すと開いているアプリを強制終了できます。

 

Android 7.1にGoogleがこっそり隠し機能を追加していることがわかりました。追加されているのは「Panic Detection」という機能です。

 
隠し機能についてはこちらもチェック!

 

この機能は0.3秒間に戻るボタンが4回押されると現在起動しているアプリを強制的に終了させてくれます。

 

一見するとどこで必要かわからない機能ですが、例えばアプリを終了できないような作りになっているランサムウェア(身代金目的のウィルス)に感染した際に極めて有効です。

 

ランサムウェアに感染するとスマホは何もできなくなってしまう!

ランサムウェアに感染するとスマホは何もできなくなってしまう!

 

機能の名前の通り、「ユーザーがパニックに陥って手当たり次第ボタンを連打している」と判断して起動するようです。確かに異常事態になったらとりあえずボタンの類は連打しがちですよね。

 

ちなみに、なぜ強制終了できないアプリが作れるかというと、Androidは元々ボタンの動作はアプリ側で制御できる仕様になっています。つまりランサムウェアは非合法なことをしているわけではなくしっかり仕様に則っているわけです。とても業腹ではありますが。

 

個人的な見解ですが、ボタンが開発者側で自由に制御ができるということは、悪用されるのは目に見えているわけですから、最初からこのような安全装置は仕込んでおくべきなのでは…と思ってしまいます。

 

冒頭にも書きましたがこの機能はAndroid 7.1に搭載された機能です。それ以前のバージョンについてはついておりません。

 

ランサムウェアが怖いという方は最新OSが搭載されたAndroidを購入するか、端末のOSアップデートで7.1が提供されることを願っておきましょう。
 
Android 7.0についてはこちらをチェック!

 

全くの余談ですが、0.3秒間に戻るボタンが4回押すは、格ゲーマー的には18フレーム以内にボタン3回入力なので特に難易度が高いコマンドではありません。

 

ちなみに筆者は0.3秒と聞いた時に一瞬渋い顔になりましたが、計算すると18フレームもあるじゃん!と判断した人種です。