計略が戦況を覆す!3Dモデルの正統派の三国志武将が中原を駆ける戦略バトルRPG!『三国武神』

三国武神

三国武神


『三国武神』は、純粋な三国志(歴史書)三国志演義をモチーフとした戦略バトルRPG
 
近年多い、舞台が異世界だったり武将がロボットになっていたりするような、とんでも要素を全く含まない正統派な作品だ。

 


 

三国志マニアや、これから知りたい人におススメ!正統派な三国志系作品!

バトルは、セミオートとフルオートが切り替え可能なタイプで、開始前に計略をセットすることで戦況が大きく変化する。
 
武将は、兵科ごとの部隊を率いて戦い、それぞれが史実やフィクション作品での関係性を基とした「絆」という特殊なスキルを持っている。
 
三国志の設定が生かされていて勉強にもなってしまうほど。マニアにも納得のキャラづくりがなされているぞ。
 
 

『三国武神』の特徴は、計略による戦況操作と、武将ごとの「絆」の設定!

三国武神:奥さん、蘇生持ちの上、「絆」の設定はなかなかのもの

三国武神:奥さん、蘇生持ちの上、「絆」の設定はなかなかのもの


 
『三国武神』の特徴は、戦況が覆るほどの計略の存在と、武将ごとに設定されている独特の「絆」
 
戦闘開始前に様々な「錦囊」を設定することで、部隊の行動を大きく変化させる「計略」は、かなり重要な存在。
 
後衛狙いや、防衛優先など、部隊の動作が全く違ったものとなるので、正に軍師になった気分とはこのことだろう。
 
更に武将ごとの「絆」は、特定の武将同士が同じ編成になると発動し、常時特定の能力が上昇するなどの恩恵がある。
 
これは同じ国の武将だけでなく、因縁のある武将同士なども関係があるので武将を集めて組み合わせたくなる。
 
 

『三国武神』の攻略のコツは、有利な兵科の投入と「計略」

三国武神:かかりましたね、計略です!(一度は言ってみたいセリフ)

三国武神:かかりましたね、計略です!(一度は言ってみたいセリフ)


 
『三国武神』の攻略のコツは、相手の配置に応じて有利な兵科を投入し、「計略」で戦況を操作すること。
 
まず、相手の配置を見て兵科有利なものに変更していくようにしよう。
 
このため、武将の育成は全兵科満遍なく実行しておいた方が得策だ。
 
また、敵の行動によっては不利になる場合もあるが、そこは「錦囊」を出し惜しみせずに「計略」をどんどん使ってしまおう。
 
 

ゲームの流れ

三国武神:ポイント1

三国武神:ポイント1


 
イラストは、アジア系の塗りだが雰囲気はばっちり。
 
ちなみにメイン武将はなかなかイケメンも多いが、基本ゴツくてマッチョな人もかなり多い。
 
 
三国武神:ポイント2

三国武神:ポイント2


 
ちょっと冒頭にメタ発言はあるものの、おおむね三国志の世界観に忠実。
 
三国武神:ポイント3

三国武神:ポイント3


 
特技(スキル)は、使わないと損だぞ。
 
クールタイムが終わったら、即使っていこう!
 
 
三国武神:ポイント4

三国武神:ポイント4


 
最終的に、相手側の門を破壊すれば勝利だ。
 
三国武神:ポイント5

三国武神:ポイント5


 
武将を強化して、新たな戦に備えよう。
 
スキルは武将レベル分だけアップできるぞ。
 
 
三国武神:ポイント6

三国武神:ポイント6


 
「絆」が発動できるように武将を集めてみよう。
 
序盤は同じ国の武将が集まったら投入する感じでいいかも。
 
 
三国武神:ポイント7

三国武神:ポイント7


 
計略を設定して、敵陣に攻め込もう!
 
三国武神:ポイント8

三国武神:ポイント8


 
大陸を統一できるほどの自分だけの部隊を作り出そう!
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
むらさきむらさき
マニアックな武将まで登場して、その関係性などもスキルに反映した設定は三国志マニアにはたまらない!!

 
 

むらさきむらさき
ファンタジー要素を含まない正統派の三国志演義などがモチーフなので、好きな人向けといえる。

 
 
<記事提供元>
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 

アプリ★ゲットおすすめのアプリをもっと見る
魔法使いは流星雨の下でゆめをみる魔法使いは流星雨の下でゆめをみる
三色の宝石を全て赤に揃えよう!魔法石職人を目指す少女のストーリー仕立てパズルADV!

 
LONEWOLFLONEWOLF
一瞬の間隙を突いてミッションを遂行せよ!一匹狼の暗殺者が活躍するハードボイルド・シューティング!

 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。