ドコモ、「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」を9月15日より予約開始!Androidでお馴染みの「ワイヤレス充電」対応!その注意点とは?

iPhone 8でも健在!おサイフケータイの注意点

iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」からFeliCa(フェリカ)が搭載されました。今回「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」でも利用可能です。
 

電子マネー対応になった

電子マネー対応になった


 
 
電子マネー(おサイフケータイ機能全般)の基本として、紛失や盗難の際にはチャージしている電子マネーの不正利用も考えられるため、チャージの仕方やセキュリティ対策を考えておくことが大切です。
 
詳しくは以下をチェック!

 
 
 

防水、耐久性の注意点

さらに「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」と同じように防水・防塵。そして耐久性の高いガラスパネルを採用しました。等級はIP67と「iPhone 7」、「iPhone 7 Plus」と同じですが、傷がつくリスク軽減に期待が持てます。
 
 

防水でも注意するべきことがある

防水でも注意するべきことがある


 
防水仕様でも注意が必要です。
 
防水というのはあくまもで真水に対しての耐性を想定して作られています。そのため、海では海水(塩)、お風呂では温水となるため、防水仕様であっても変色や変形、故障の原因になります。
 
 
真水であっても長く浸けておくとカメラ箇所が結露してしまい、撮影に支障をきたすこともあるので、水道水で洗い流す程度にしておくのが良いです。
 
液体がついたら、水で洗い流してふき取ること!

液体がついたら、水で洗い流してふき取ること!


 
 
 
詳しくは以下をチェック!

 
さらに「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」ではワイヤレス充電はQi(チー)に対応。置くだけで充電できるため、オフィスデスクや自宅などでスマートに充電できます。
 

iPhoneもワイヤレス充電に対応する

iPhoneもワイヤレス充電に対応する


 
 
ただし、ワイヤレス充電は直接続に比べて充電速度が遅いと言われています。最大7.5Wでの高速充電対応と言われているので、実数値としては影響がないかもしれませんが…。
 
ワイヤレス充電はQi(チー)について以下を参考に!

 
 
 
進化するiPhoneもAndroidのような機能を後追いしてきましたね(笑)。11月3日に「iPhone X」も控えており、AndroidとiPhoneの垣根はどんどんなくなっていくのでしょうか。
 

 

詳細はこちら

こちらの記事もご覧ください。