待望のペン対応スマホ「Galaxy Note 8」!スマホで感動の手書き体験

2017年11月14日 06:30 by 伊藤浩一
待望のペン対応スマホ「Galaxy Note 8」!スマホで感動の手書き体験
写真はKDDIのGalaxy Note8 SCV37

写真はKDDIのGalaxy Note8 SCV37

サムスンのスマートフォンの人気シリーズGalaxyにおいて、根強い人気を誇るのがGalaxy Noteシリーズです。2016年に発生した「Galaxy Note 7」のバッテリー問題により、世界的に発売中止のあおりを受けて、日本では未発売となってしまいましたが、今年2017年は、ニューモデルの「Galaxy Note 8」がリリースされました。

 

 

ドコモは「Galaxy Note8 SC-01K」、KDDIは「Galaxy Note8 SCV37」となります。

 

 

様々な写真機能も搭載

6.3インチの縦長「インフィニティ・ディスプレイ」、筆圧検出4096段階の電磁誘導スタイラス「Sペン」、6GB RAM、Galaxy初のデュアルカメラ採用、Snapdragon 835プロセッサと多くの特徴をもったフラッグシップモデルになっています。

 

その他のスペックは、microSDXCスロット(最大256GB)、出荷時OSはAndroid 7.1。ドコモ、KDDIのキャリアアグリケーションの高速通信(ドコモでは受信最大788Mbps、KDDIは最大708Mbps)、防水防塵、おサイフケータイ対応FeliCa、フルセグ・ワンセグ機能を搭載しています。

 

USB端子はUSB Type-C、ヘッドフォンジャックを装備しています。本体サイズは163 x 75 x 8.6 (最厚部8.7)mm。重さ約190g、バッテリー容量3300mAh。

 

デュアルカメラは、広角カメラと2倍ズーム相当のカメラを並べた方式。撮影中でも後でもボケ味の効き具合やフォーカスを調整できるライブフォーカスや、ライブフォーカス撮影でも広角側の映像を同時保存するデュアルキャプチャ、広角もズームも光学手ブレ補正対応。撮影した顔写真にCGを重ねて加工できる「3Dステッカー」エフェクトなども楽します。

 

背面にデュアルカメラを搭載

背面にデュアルカメラを搭載

 

ペンの書き心地も進化

ペン機能に関しては、0.7mmのペン先で精細な表現が可能で、本体から引き抜くだけで手書きメモが書ける画面オフメモに対応。手書きが動くライブメッセージ機能もあります。SペンもIP5、8/IP6X相当の防水・防塵対応。Web画面などをキャプチャして、手描きで文字が書き込める機能、スタンプの作成、翻訳機能も搭載しています。

 

画面オフでペンを取り出すと画面オフのままメモが書る

画面オフでペンを取り出すと画面オフのままメモが書る

 

オーディオ機能としては、ハイレゾリューションオーディオの再生に対応、「AKG」のNote8オリジナル仕様のイヤホンを同梱。セキュリティの生体認証は虹彩/指紋/顔認証の3つに対応しています。

 

虹彩認証の設定画面

虹彩認証の設定画面

 

実際の使用感としては、申し分なく、欠点が見つかりません。現時点における最高峰のモデルと言えるでしょう。約6.3インチディスプレイ、高速CPU、6GBメモリ、手書き機能、デュアルカメラを搭載したフラッグシップモデルとして、サムスン期待のフラッグシップ端末です。

 

 

Galaxy Note 8」スペック

プラットフォーム Android 7.1
サイズ 横75mm×高さ163mm×厚さ8.6mm、重さ約190g
CPU Qualcomm MSM8998(2.35GHz+1.9GHz)オクタコア
メモリ RAM:6GB/ROM:64GB
ディスプレイ Super AMOLED (有機EL)約6.3インチ(QHD+、1440×2960)
バッテリー 3,300mAh
カメラ メイン:1220万画素、インカメラ:800万画素
外部メディア規格 microSD:2GB/microSDHC(UHS-I):32GB/microSDXC(UHS-I):256GB