タフネスアクションカメラ「GZE-1」!スマホとも連携可能

2017年12月08日 06:00 by 伊藤浩一
タフネスアクションカメラ「GZE-1」!スマホとも連携可能
GZE-1

GZE-1

スマートフォンのカメラ機能は進化を続けており、コンパクトデジタルカメラに匹敵する機能とSNSなどネットコミュニケーション機能を備えて、便利に活用ができます。

 

そのスマートフォンの内蔵カメラでは実現できない、新しいカメラ体験ができるタフネスカメラがリリースされています。カシオのタフネスカメラの新ブランドG’z EYEの「GZE-1」です。

 

 

スマホと連携できるタフネスアクションカム

「GZE-1」はビューファインダーを搭載しないアクションカム。画角は190.8度(静止画時)のワイドレンズにより、カメラを向けた方向の被写体を全て写すような仕様です。

 

デザインは、カシオの人気の腕時計「G-SHOCK」シリーズに近いデザインとなっており、4mの落下耐衝撃性能、50mの防水性能、IP6Xの防塵性能、-10度の耐低温性能と、厳しい環境で利用ができます。

 

スポーツシーン(スノーボード、サーフィン、ダンス、BMX、スケートボードなど)で、衝撃を受けても撮影できるタフネスカメラとして開発されています。

 

カメラの基本機能としては、撮像素子1/2.3型、690万画素CMOSセンサー、35mm判換算焦点距離13mm相当、F2.8単焦点、microSDカード対応、内蔵メモリー(約14.8MB)搭載、動画はフルHD(30fps)対応、ドラマチックスロー機能は120fpsまたは240fpsのスローモーションに切り替え可能。アクションカムとしては十分な機能となっています。

 

体やボードに固定して撮影するスポーツシーンの撮影だけでなく、スマートフォンと連携することで、スマートフォンをカメラのビューワインダー代わりに利用が可能です。スマートフォン用アプリ『G’z EYE』にて、無線LANで本体と接続することでリモート撮影を行います。

 

スマホと連携例

スマホと連携例

 

また、面白い使い方としては、カシオのスマートアウトドアウォッチ「PRO TREK Smart」をビューファインダーとして使えるアプリもリリースされています。

 

PRO TREK Smartと連携例

PRO TREK Smartと連携例

 

ハードな環境の中、スマートフォンなどで撮影が不可能なシーンでも撮影が可能な「GZE-1」は、新しい動画や写真の表現が可能です。

 

様々なシーンで撮影

以下、作例です。通常のスナップ撮影でも、ユニークな写真が撮れます。

 

「GZE-1」を手に持ち、腕を伸ばして上から俯瞰撮影で利用した例

「GZE-1」を手に持ち、腕を伸ばして上から俯瞰撮影で利用した例

 

「GZE-1」を上に向けて撮影した例

「GZE-1」を上に向けて撮影した例

 

「GZE-1」の夜景撮影例

「GZE-1」の夜景撮影例

 

GZE-1」は、このようにカメラとしての基本性能も高く、動画撮影では手ブレ補正機能により、しっかりとした撮影が可能です。アウトドアやスポーツを楽しむユーザは、是非ユニークなシーンの撮影にチャレンジしてください。