鉄道マニア「 #ヒャダイン 」のBGMに「津田英治 」のアナウンスで鉄ちゃん感涙の鉄道SLG発車!『鉄道パークZ』

自分で自由に作ったレールを走らせて楽し
『鉄道パークZ』は、プラレールのように自由にレールをつなげて、リアルな3Dモデルの列車を走行させて遊べる本格的な列車シミュレーションゲーム。
 


 

実は鉄ちゃんだったヒャダインの楽曲が聴ける鉄道シミュレーションの決定版!

総武線や中央線、そのほか様々な列車が登場する鉄ちゃん御用達と言えるアプリだ。
 
自由にレールをつなげて、更に街の景観もジオラマのように作っていけるので、リアルを再現するのも、架空の町を創造するのも自由自在。
 
 
細かく設定!『津田英治』氏のアナウンスで遊べ!
 
 
自分の最寄り駅を再現してみたくなる。

 
エディットできるレールコースは、かなり細かく設定可能で、カーブの数や直線の距離だけでなく、背景となる街なども配置していける。
 
そこを古今東西様々な車両を走らせて行けるんだ。
 
知る人ぞ知る「津田英治」氏が構内アナウンスを担当しており、自由走行モードでは好きなタイミングでアナウンスしてもらうことが可能。かなり熱い。
 
 
鉄道マニア『ヒャダイン』の楽曲!自由な車両編成!
 
 
何両連結できるかな?

 
車両は連結して使用することが可能で、地方単線の再現から都会の長い編成まで再現可能だぞ。
 
また、その筋では有名な鉄ちゃんである「ヒャダイン」氏が楽曲を担当しており、オープニングでは主題歌が流れて雰囲気を盛り上げてくれているぞ!
 
雰囲気満点のBGMで、自由に編成した車両を走らせていこう。
 
 

『鉄道パークZ』の魅力は、プラレール仕様で自由度の高い遊び要素

 
個人的思い入れの強い総武快速。ちょっと興奮。

 
3Dモデルの車両の再現度は非常に高く、パンタグラフの位置や配色など様々な面でマニアも納得の完成度。
 
走行する姿も、カメラアングルを色々な視点から選べて遊び方も様々。
 
特に運転席からの画像でプレイすれば、まさに『電車でGO!』と同様の感覚で遊ぶことが可能だ。
 
 
自分で作ったマップ・街並みでプレイ
 
プラレールで夢見た長距離走行も可能!

 
レール街並みなど、プレイしてポイントを溜めることで増やしていける。
 
そして、プラレールのように連結させたレールの上を自由走行だけでなく実際のプレイでも使用できるので、難易度なども自由自在
 
個人的こだわりだけでなく、ゲームとしても自分の思う通りに設定を変更できる神仕様だ。
 
 
撮り鉄気分で撮影も!
 
リアルな撮影では危険なことはしちゃ駄目だぞ!

 
ゲームとしてのプレイ以外にも自由走行などで、警笛から構内アナウンス、発車・停車駅の設定(快速や各駅)まで自分で決められる。
 
撮影もアプリの機能としてあるので、さまざまなシチュエーションを自分だけのアングルで撮影していけるので、撮り鉄気分でも遊べるぞ。
 
 

ゲームの流れ

 
鉄道パークZ_1

 
いろいろな車両で遊ぶことができる。
 
各車両がリアルな3Dモデルで実車さながらに再現されているぞ。
 
 
 
鉄道パークZ_2

 
手に入れた車両は、連結させて遊ぶことが可能。
 
実際の車両同様の運行状況にしたいな!
 
 
鉄道パークZ_3

 
自由走行で好きなアングルで撮影も!
 
俯瞰で見てもいいし、運転席からの視点でも遊べるので、鉄ちゃんご用達と言っていい完成度だ。
 
 
鉄道パークZ_4

 
プラレールみたいに、自由にレールをつなげることができるぞ。
 
それに、建物など景観もジオラマ風にカスタムしていける。
 
 
 
鉄道パークZ_5

 
列車をコレクションして、自由に作ったレールで遊んじゃおう。
 
自分なりの運行でもいいし、リアルな再現を試みてもいいよね!
 
 

「鉄道パークZ」の攻略のコツ

 
ヒントのテロップの距離手前から減速していこう。

 
クリアには、停車のタイミングがポイントとなり、ヒントの距離を元として適格なブレーキングが成功のカギとなる。
 
ゲーム的には、電車でGO!のような急ブレーキによるペナルティがないので、ガイドで表示された距離に到達した時点でブレーキにマスコンを合わせれば大体OKだ。
 
だが、こだわるなら急停車はご法度なので、ガイドの距離の手前から速度を落とし、的確なブレーキングで停車位置0メートルを目指せ!
 
 
走行距離と作成したマップの距離を計算しておこう
 
次の駅までの距離を考えておくべし!

 
各車両には、走行可能な距離が設定されているので、次の駅に到達できる車両を選択していこう。
 
駅から駅までの距離は、エディットで自由に設定できるので、短い距離の駅を設定して繰り返しクリアしていくのが序盤としては正解。
 
長い距離を走行するのは、慣れてきてからのほうが無難だぞ。
 
 
細かいカーブを確保するべし!
 
さまざまな形状のレールがある。

 
レールをつなぐ際、最も数が必要になるのが、短いスパンのカーブレール。
 
近い位置でカーブを接続すると楽コースを作ることができるので、まず最初のうちは小さなカーブを多目にしておくといい。
 
実際の地図を再現したマップや、遊び重視のマップなどのほかに、クリアが簡単なマップなども用意しておくとポイントを稼ぎやすくなるぞ。
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
 
むらさき
むらさき
あのヒャダインの楽曲・主題歌は必聴!津田英治の構内アナウンスで鉄ちゃんも満足の完成度!
 

 
むらさき
むらさき
プラレール仕様のエディットは、あまりに自由度が高いので遊びつくせないほどだ。
 

 
<記事提供元>
 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。