『Googleスプレッドシート』の便利な使い方 第2回 操作の違い

2018年02月02日 06:30 by 編集部はた
『Googleスプレッドシート』の便利な使い方 第2回 操作の違い
「Excel」と『Googleスプレッドシート』の違いとは?

「Excel」と『Googleスプレッドシート』の違いとは?

今回は、『Googleスプレッドシート』と「Excel」の操作の違いについて解説していきます。

 

より正確に言いますと、PC版のUIの違いについてです。いわゆる「Excelのあの機能は『Googleスプレッドシート』だと、どこにあるの?!」です。

 

 

どこに何があるかが分かれば、操作感が違くても怖いことはありません。ぜひ覚えるorメモしておきましょう。

 

操作の大きな違いは?

見て分かると思いますが、『Googleスプレッドシート』のUIは、昔のExcelのUIになっています。昔…具体的にはExcel2003まで利用されていたものです。

 

 

現在のExcelはリボンUIと呼ばれるものでExcel2007から搭載されいます。新UIになってすでに10年以上経っていますから、リボン型以外見たことないという方も多いと思います。

 

ExcelのリボンUI

ExcelのリボンUI

 

見慣れていないUIだと、どこに何があるのかわからなくて、同じことができるとしても、ちょっととっつきにくいですよね。というわけで、簡単ですがどこに何があるか、解説していきたいと思います。

 

機能は全部上段のメニューにある!

『Googleスプレッドシート』の場合、上部に2段のツールバーがあるだけのとてもシンプルな構造です。ですので、どのアイコンが何に対応しているかが、わかれば使いこなせるようになります。

 

まずはツールバーの上段。基本的に『Googleスプレッドシート』で操作できる項目は全てこの中にあります。大まかには以下のような認識すればわかりやすいと思います。

 

上段のメニューで基本は全ての操作ができる

上段のメニューで基本は全ての操作ができる

 

  • ファイル:新規作成・開く・保存・印刷
  • 編集:切り取り・コピー・貼り付けなど、セルの内容の編集
  • 挿入:セル自体の編集・画像やグラフなどの挿入
  • 表示形式:フォントやセルのサイズ・色・テキスト位置の調整
  • データ:並べ替えやフィルタなどの便利機能
  • ツール:さらに高度なことを行うための機能
  • アドオン:『Googleスプレッドシート』で利用できる外部機能
  • ヘルプ:関数を調べる所。使い方を調べようとするとヘルプのヘルプが必要になるので、Google検索を推奨。

 

なんとなく、どこで何を操作できるかはわかってもらえたと思いますが、よっぽど毎日のように使わない限りは、どこに何があるかは忘れてがちですよね。

 

また、いちいちメニューから選択するのも大変。なので下段にアイコンでよく使う機能のショートカットが置いてあるわけです。

 

では、下段のメニューです。左から順に画像とあわせて紹介していきます。

 

印刷やUndo・Redoなどの操作ができる

印刷やUndo・Redoなどの操作ができる

 

  • 印刷
  • 元に戻す(Ctrl+Z)
  • やり直し(Ctrl+Y)
  • 書式のみを貼り付け
  • シートのズームIN/OUT

 

セルの表記を変更できる

セルの表記を変更できる

 

  • セルの数字表記を通貨にする
  • セルの数字表記を%にする
  • 小数点以下の桁を減らす
  • 小数点以下の桁を増やす
  • 数字を表記の詳細変更

 

入力された項目の見た目を変更できる

入力された項目の見た目を変更できる

 

  • フォントを変更
  • フォントサイズを変更
  • 太字にする
  • 斜体にする
  • 取り消し線を引く
  • フォントカラーを変更

 

セルそのものの見た目を変更できる

セルそのものの見た目を変更できる

 

  • セルの塗りつぶし
  • セルに枠線を着ける
  • 複数のセルを結合する
  • テキストの左・中央・右寄せにする
  • テキストを上・中・下に配置する
  • テキストをセル内で折り返す
  • テキストをナナメや縦に変更する

 

その他特殊な機能

その他特殊な機能

 

  • リンクを作成する
  • コメントを挿入する
  • グラフを挿入する
  • フィルタを作成する
  • 関数を入力する
  • 入力を切り替える

 

以上が上部メニューです。これでExcelであった機能どれだっけ…はだいたいが解消されると思います。

 

 

というわけで、以上がExcelと『Googleスプレッドシート』の操作の違いでした。PC版でどこに何がわかると今度はPC版とスマホ版での「あの機能はどこ?!」が気になりますよね。

 

というわけで次回は、『Googleスプレッドシート』のPCとスマホでの操作の違いを解説したいと思います。お楽しみ!