ド直球な「不思議のダンジョン」だから面白い!ガチャ不採用により徹底的にハマり込める王道ローグライクRPG『魔女の迷宮』

プレイアブルキャラは切り替え可!
『魔女の迷宮』は、入る度にレベルがリセットされるランダム生成型のダンジョンを探索していく縦持ちローグライクRPG。
 


 

スマホ用ローグライクの新定番なるか?何度も遊べる迷宮へ挑め!

「トルネコの大冒険」「風来のシレン」といった代表的シリーズに多大な影響を受けており、同じ感覚で遊べちゃう。
 
基本無料アプリながらも装備ガチャのような課金に左右される攻略要素がほぼ無く、ガッツリと腕試しできる本格ゲームだ!
 
 
拾ったアイテムをどう使うかはプレイヤー次第
 
 
緑文字は効果が判らないので、使って試す必要アリ

 
ダンジョン内は自分が動くと相手も動くターン行動制。パンで「空腹度」を満たしながら最下層を目指す。
 
装備・薬・巻物・杖といった多種多様な「アイテム」が落ちていて、ピンチ時の打開策として使える。「未識別」状態で手に入ることも。
 
もしも死ぬと、手持ち品は全ロスト。希少アイテムでの特殊帰還or完全攻略しないと全てが水の泡になるので、慎重なプレイングが必要だ。
 
 
待ち伏せるダンジョンギミック
 
 
範囲魔法など、率先して使える即席枠。

 
敵モンスターを倒すと、確率で「クリスタル」をドロップ。経験値稼ぎだけじゃなく副産物も狙えるユニークシステムだ。
 
脱出時に消滅する使い切りアイテムなのだが、他のアイテムより強力な効果も多い。これを活かせるかが攻略のカギを握ってくる。
 
他にも「ワープ床」「パン腐らせ罠」「モンスターハウス」といった馴染み深いトラップもあり、存分に頭を活用させられるぞ。
 
 

『魔女の迷宮』は、好きだからこそ実現できたユーザーへの思いやりが魅力!

 
画面構成から出来の良さが伝わるよね。

 
「クリスタル オブ リユニオン」「勇者と1000の魔王」他と実績のある開発社の新作なのだが、本作からソシャゲ感は一切感じない。
 
アイテムは全てダンジョンから手に入るし、スタミナ・有料ブーストなども要らず、プレイングのみでやり込めるインディーズ系みたいな作風。
 
それでいてビジュアル面は高品質なオリジナルドットが光り、操作性もシンプルにまとまっているから遊びやすい。
 
“趣味で作った”と公言されており、手持ちアイテムを駆使して攻略するローグライクならではの体験は、ツボを押さえた面白さがあった。
 
 
誰でも幅広く興奮できるダンジョン攻略
 
 
十分なアイテムがあったのに死んじゃうと悔しい!!

 
システム的には初心者でも始めやすいが、中身を見ると歯応えのあるレベルバランスになっている。
 
未識別アイテムの多さ、ミミックの不意打ち。回復系が足りなくなり、一手のミスが死に繋がるヒリヒリとした緊張感を持って挑むことに。
 
これらの難しさは課金圧にはならず、純粋な腕前で勝負せざるを得ないのもポイント。徹底したユーザーライク感が嬉しいぜ。
 
 
特殊ステージや共有機能で他の人とも楽しめちゃう
 
 
タイムアタックは正確な操作も求められるぞ。

 
クリア時に算出される「スコアポイント」や、リアル攻略時間を競い合う「タイムアタック」など。オンラインランキングも対応している。
 
中には「アイテム持ち込み不可」系があり、鍛えた装備が通用しないモードも。立ち回りやドロップ運が重要になる反面、死んでもデメリットが薄いから気楽に入れる。
 
「リプレイ」も特徴で、死ぬ直前の約30秒をいつでも再生可能。予想外の散り様をSNSで共有し、他の人に知ってもらえたり。アプリゲーらしい機能だ。
 
 

ゲームの流れ

 
魔女の迷宮_1

 
タイトル画面、右のセ○バー似の女の子が主人公。よく食べる子で、ミニストーリー付き。
 
キャラ変更では、成長ステータスや特性など少し差がある。一部は課金解放だが、初期キャラで十分攻略可能。
 
正統派ローグライクとしては「魔王ローグ」「勇者ダンジョン」あたりが思い浮かぶが、こちらはカジュアル仕様なので差別化できている。
 
 
 
魔女の迷宮_2

 
ダンジョン画面。ダッシュ、スワイプでの方向転換など片手でも遊べるよう最適化してある。両手持ちだと更に捗る。
 
剣の間合いに踏み込んだときの向き補正が秀逸で、そのまま攻撃ボタンで殴れて便利。操作感がイイね。
 
あとは足元アイテムも特別枠として管理できたら良かったな、足元の識別とか少し面倒。他は優秀だよ!
 
 
 
魔女の迷宮_3

 
ボスエリア。お馴染みの倍速・鈍足による4ターン独占行動で一方的に倒せる。この準備を出来るかが重要。
 
序盤から20階層もあったり、プレイング・アイテム運の良さ・装備の強化。どれかを満たさないと攻略するのは難しい。
 
ある程度進めば「チェックポイント」があり、死んでも途中から初期レベル高めで再挑戦できる。
 
 
 
魔女の迷宮_4

 
装備画面。「サビにくい」「空腹防止」といろんな追加効果があり、どれを着用するか迷う。
 
特定の巻物を使うとプラス値が上がり、フツーの性能よりも強くなる。持ち込み制では有利に働くぞ。
 
倉庫の拡張は有料だけど、ダンジョン内のインベントリ数は固定なので大差なく遊べる。
 
 
 
魔女の迷宮_5

 
コレクションできる装備・モンスター図鑑も実装していて、説明文を見るのを密かな楽しみにできるのもイイぞ。
 
全体的に丁寧な作り、かつ良心的で、ローグライクへの愛が詰まった良作だ。
 
後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)
 
 

『魔女の迷宮』序盤攻略のコツ。

 
固定配置の謎解きだが、結構ムズい。

 
まずは「パズルダンジョン」にてゲームの基本ルール・定石を学ぼう。上級者でもタメになる要素が多し、クリアで粗品が貰えるのでオススメ。
 
道具屋で「力の腕輪」を買うのもお忘れなく。一回限りの品なので、序盤でロストしちゃったらデータリセットしてもいいぐらい使えるアクセだ。
 
 
インベントリ管理術を駆使して効率よく金稼ぎ
 
 
杖系は安定して高く売れやすい。効果も良い。

 
持ち帰ったアイテムは「帰還の巻物」「武器強化の巻物」といった有用系を除き、全売りが基本。なので値段が高いのを優先して残したい。
 
未識別系が多い場合は、一度使うと同名のも判明する。脱出時には全て鑑定済みに変わるから、手持ちが足りているなら使わずにクリアしよう。
 
 
レベル上げは低い階層から入念にやっておこう
 
 
緊急避難用のアイテムを残すとラク。

 
序盤こそ敵も弱いし楽勝ムードだが、階層の半分を超えたあたりから強い敵が増え、トラップも大量になり事故率が上がっていく。
 
最終的には回復不足に陥りがち。代わりに満腹度=行動時間は余裕を作りやすく、弱い敵を狩って経験値を稼ぐほうが安全だ。アイテムも拾えるし。
 
十分なステータスを確保したら、ステージ後半は資源温存のため駆け足進行。「倍速薬」「火炎薬」あたりをボス戦へ複数持ち込みたい。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
 
ノスミス
ノスミス
スマホで遊べるローグライクとして完成度が高く、ドット絵やサウンドも良質で惹き込まれちゃう。
 

 
ノスミス
ノスミス
ツボや合成といった複雑な機能が無い分、基礎的なローグライクとして遊びやすい。
 

 
<記事提供元>
 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。