【5/6までセール中!】今、すべての謎が解き明かされる。明治時代を舞台にした逆転シリーズ、堂々の完結編!『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』

すべての謎が今。解き明かされる。.jpg
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-は、言わずもがな「逆転」シリーズ最新作。
 


 

大日本帝国から大英帝国へ、2つの世界をまたぐ圧倒的大逆転

成歩堂龍一の先祖である「成歩堂龍ノ介」を主人公にした新シリーズ、「大逆転裁判」の第二作にして完結編となる。
 
「探偵パート」で法廷で有利になる証拠品や情報を入手し、「法廷パート」では証言と証拠品のムジュンを探し、真実を解き明かしていく。
 
 
19世紀末の日本とイギリスを舞台にしたレトロな世界観
 
 
大英帝国と大日本帝国をまたいだストーリー。.jpg

 
おなじみの探偵パート&法廷バトルはもちろん健在だが、今回は19世紀末の日本とイギリスの法廷が舞台となる。
 
時代も違えば、世界観やトリックも違う。当時の世相なども盛り込んだ、今までにない独特の世界観を形成することに成功している。
 
 
名探偵は、嘘をつく。シャーロック・ホームズや夏目漱石も登場
 
 
若き夏目漱石が変なポーズを連発する変人として描かれる。.jpg

 
今作も強烈なキャラクター達が続々登場。成歩堂の先祖やシリーズおなじみのキャラ、亜内検事などファン胸熱な演出も多い。
 
逆裁1~3を作り上げた巧舟氏による、「ウザイ夏目漱石」「お調子者なシャーロック」などケレン味のある偉人キャラも登場。逆裁シリーズの円熟を感じさせる演出だ。
 
 

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-魅力は前作の伏線を回収する壮大なカタルシス

 
おなじみアウチ検事も登場。今回はなかなか手ごわいかもね。.jpg

 
前作「大逆転裁判」の最初の事件から9ヶ月後…。語られずに消化不良感もあった謎が解明されていく「その後」の展開は、まさに胸熱だ。
 
「1」を軽々と超えるボリューム・クオリティ、例えるなら「アーク・ザ・ラッド」「ターミネーター」とかだろうか?「評価まで大逆転させた」という呼び声も高い。大満足だ。
 
 
伏線と謎を回収し「評価すら大逆転」させるストーリー
 
 
まさか、「あのキャラ」が被害者になるとは…!?.jpg

 
何度も強調したいが「逆転裁判」初期作を手がけた巧舟氏が再び脚本担当。初代「逆転裁判」3部作が好きなファンは本作はプレイ必須。
 
ぶっちゃけると逆裁シリーズは当たり外れがデカい。無料アプリに慣れたスマホゲーマーにとって有料であることも敷居が高いかもしれない。だが、本作は「大逆裁1」にガッカリしたユーザーにこそオススメしたい!万人にオススメできる。
 
 
シンプル操作でスマホでも問題ない操作性
 
 
証拠品を回転させて調べる作業も自由自在。そう、スマホならね。.jpg

 
3DSで販売された本作だが、スマホに最適化された操作性もバッチリである。3Dで描かれるグラフィックも、キャラたちの動きも美しい。
 
そして、物語や展開にマッチしたBGMも大きな魅力。本作も『レイトン教授VS逆転裁判』の北川保昌氏、「戦国BASARA4」「モンスターハンター4G」の音楽を担当した前馬宏充氏、「モンスターハンタークロス」の寺山善也氏が担当。音アリのプレイを強く推奨したい。
 
 

ゲームの流れ

 
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-_1.jpg

 
iOSでは無料で体験できる第1話は、なんと探偵の助手役の女の子が弁護士をするという面白展開。御琴羽寿沙都さんの声は花澤香菜さんが担当。
 
チュートリアル的なプレイとキュートな演出を存分に楽しめる。
 
 
 
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-_2.jpg

 
画面右上のライフがなくなると閉廷となり、敗訴してしまう。
 
全部の選択肢をコンプしたい気持ちもあるが、とりあえずこまめなセーブを推奨したい。
 
 
 
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-_3.jpg

 
証言のムジュンにツッコミ、証拠品を突きつける。
 
これにより物語が転換していったときの気持ちの良さこそ逆裁シリーズの醍醐味。
 
 
 
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-_4.jpg

 
謎は総当たりでは解けない感じで手応え十分。
 
ヒントも十分に提示されるのでファンとしては攻略サイトに頼らずプレイして欲しい。
 
 
 
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-_5.jpg

 
第2話以降では様々な場所に移動する探偵パートが登場。
 
ホームズとの《共同推理》で不可解な事件の真相に迫る展開も。
 
 
 

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-攻略のコツ

 
証拠品をくまなく調べることが真実への鍵だ!.jpg

 
選択肢はどれを選んでもなんとかなることも多いが、証拠を突きつけるシーンでミスり続けるとゲームオーバーになるので、きちんと筋道立てて推理するのが重要だ。
 
困ったら証拠品を回転させ、くまなく調べることが真実への近道だ。アウチ検事と戦う第一話では父の助言にも耳を傾けよう。
 
 
こまめなセーブ、そして前作プレイ推奨
 
 
「ゆさぶる」と「つきつける」を駆使して新たなる証言を導け!.jpg

 
ゲームオーバーになると一度プレイしたところを繰り返すことになり、時間と心を消耗してしまう。既読スキップやバックログがあるとはいえ、こまめに画面左上からセーブしよう。
 
そして、贅沢を言うならば、前作である「大逆転裁判」のプレイを強く推奨したい。もちろん2だけのプレイでも十分に楽しめるが、「1」をやることにより、プレイヤーの感動が数倍、いや数乗にも増幅することうけあいである。
 
 
ダウンロードと購入の注意点
 
 
現在セール中。セット販売のほうがずっと安い。.jpg

 
iOSでは一話を無料でプレイ可能。だが、二話以降は追加購入が必要なことに留意されたい。追加購入は、各話ごとに個別購入するか一括(シナリオセット)での購入が可能。
 
セット販売の方が安いが、同シナリオを重複して購入された場合でも、返金はできないので注意。
 
Android版は一括の買い切りのみ。価格は5/6までセール中で1980円となる。また、2.3GBの空き容量が必要であり、ダウンロードにはWi-Fiが必須だ。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
 
高野京介.jpg
高野京介
「1」で残る謎、伏線をすべて回収する脚本。体験版だけでも
 

 
高野京介.jpg
高野京介
「1」をやっていたほうが面白い。ちな「1」及びシリーズもセール中でごわす。
 

 
<記事提供元>
 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!