「義体」を操り電脳世界へとダイブする3DサバイバルRPG!要人や暗殺者を仲間に加え、戦略バトルを制そう『アンダーグラウンドシンフォニー』

電脳世界で3Dアクションバトル。.jpg
『アンダーグラウンドシンフォニー(β版)』は、電脳仕掛けのダークファンタジー世界を舞台とした3DサバイバルRPGだ。
 


 

要人や暗殺者の「義体」を操り、電脳世界へダイブ!

「スタートリガー」などを手がけるRekoo Japanの新作であり、スタートリガーがマトリクスやガン・カタに影響を受けているとするなら、本作は間違いなく攻殻機動隊シリーズの影響を感じられる。
 
現実とは乖離した電脳世界で裏社会のエージェントとなり、目的を同じくする二つ名を持つ猛者たちを仲間の加えて冒険しよう。
 
・ベータテスト実施期間
4月20日(金)15:00~5月1日(月) 18:00まで
 
 
世界観
 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_1.jpg

 
プレイヤーはその技術を自由に扱う少女「アリス」となり、大戦後に復興を目指す世界を舞台に世界の命運をかけた戦いに巻き込まれることになる。
 
 
白熱の3Dアクションバトル
 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_2.jpg

 
キャラ固有のアクティブスキル「奥義」、キャラのジョブに応じたスナイピングやアイテムスティールといった「業」を駆使し、並みいる敵を倒していこう。
 
 

アンダーグラウンドシンフォニー(β版)の特徴はSF世界と操作感の良さ

 
多彩なキャラを収録。.jpg

 
義体や電脳世界、アリスという少女の名前などモロに某作品の影響を受けており、世界観の雰囲気は個人的には好みだった。
 
可愛い声で喋る思考戦車はさすがに出てこないか……ちょっと残念。
 
バトルシステムは通常攻撃をオート化している分、アクション性は薄くなっているが、そこは「業」の特殊アクションでうまく補填されていてスナイピングでは動く敵を正確に捉えて撃つ操作が必要になる。
 
メインとなるモードの他に、週に3日行われる教団戦「ラグナロク」では最大80人で大規模バトルを行い、相手の邪魔をしたり相手教団(ギルド)のHPを減らしたり、各自役割を持って行動をすることが求められる。
 
ボリューム感もしっかりあるようだ。
 
 
キャラを育てよう
 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_3.jpg

 
ガチャは欠片が混じっていないキャラのみ排出、しかも最高ランクSSは初期装備として専用のSS武器を所持している。
 
欠片だけを得られるイベントステージもあるようだ。
 
 
武器を強化
 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_4.jpg

 
武器はガチャの他にクエストのクリア報酬や、ボスからスティールアクションで獲得できるようだ。
 
 
 

ゲームの流れ

 
アンダーグラウンドシンフォニー_5.jpg

 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_6.jpg

 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_7.jpg

 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_8.jpg

 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_9.jpg

 
装備枠や素材を投入して「義体」を強化するなど、複数の育成メニューがある。
 
 

アンダーグラウンドシンフォニー(β版)の攻略のコツ

 
特殊アクションを使ってステージをクリア。.jpg

 
通常攻撃は最初からオートだが、移動とアクティブスキルの発動をオートにできるボタンがあるので、それを使ってストーリーモードをクリアしていこう。
 
特殊アクションだけは任意操作になるためボスステージまでとっておき、スナイピングで大ダメージを与えたり、スティールで資金や武器を盗んだりしよう。
 
 
コレクションで報酬獲得!
 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_10.jpg

 
序盤は資金でノーマルガチャチケットを購入し、低ランクのキャラなどを集めるといい。
 
 
SSキャラは武器も所持している
 
 
アンダーグラウンドシンフォニー_11.jpg

 
武器ガチャを単体で引くよりもかなりお得なので、キャラガチャをメインで引くようにしよう。
 
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
 
納谷英嗣.jpg
納谷英嗣
世界観は思いっきり攻殻機動隊。ダークかつSF的な世界観は個人的には良いと思う。
 

 
納谷英嗣.jpg
納谷英嗣
物語が物足りない。もう少し会話や説明文などがほしいところ。
 

 
<記事提供元>
 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。