枠線越えて次のコマへ!敵を倒せばインクに戻る!コミックを“そのまま”ゲーム化したアクションゲーム『Comic Boy』

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミックによるムービーシーンに見えるかもしれないけど、これがゲームプレイ画面!コミックそのものがゲームになっているのだ。.jpg

『Comic Boy(コミックボーイ)』は、アメリカンコミックを再現した横スクロールのランアクションゲーム。

 


 

コミックの”中”を描いたユニークなランアクションゲーム

コミックの世界観を描くのではなく、コマ割り、枠線といったコミックそのものをゲーム化してしまった非常にユニークなゲームだ!

 

なお、2018年5月1日現在、Android版はベータ版として提供されているぞ。

 

 

コミックのお約束たっぷり!ユニークなステージ構成

 

 

壁にぶつかると反転!下のコマへ繋がる枠線に穴を開けて、下を目指そう。.jpg

 

コミックそのものをゲーム化しているので、主人公が走るのは、マンガのコマの中。

 

一番端の枠線にぶつかると反転して逆走し、最後のコマに到達すると紙がめくられるように次のページへ!

 

目的は、最後のページの最後のコマに到達することだ。

 

敵を倒すとインクになるなど、コミックのお約束がタップリ入っている点がユニークで楽しい!

 

 

行動の中心はジャンプ!王道のジャンプアクション

 

 

見た目こそユニークだけど、ゲームとしては王道の横スクロールアクション!障害をジャンプで乗り越えよう。.jpg

 

ゲームシステムそのものは、横スクロールジャンプアクションの王道!

 

上スワイプによるジャンプで敵や障害物をかわし、ジャンプ中下スワイプによる攻撃で敵や障害物を破壊できる。

 

言語は英語のみなのだけど、王道システムと、必要な操作を画像で示してくれることもあいまって、まったく問題なくプレイできるぞ!

 

 

「Comic Boy」の魅力は“いやらしい”トラップ配置

 

ガイコツは攻撃によって破壊できる部分!でも、着地点にはトラップがあるかも…!-いやらしい…!.jpg

 

コミック的な表現に目が慣れてくると気づくのが、絶妙なトラップの配置!

 

そこにそういう置き方したら引っかかるでしょ?といういやらしく、憎ったらしい配置をしてやがるのだ!

 

 

キエ―!自分がギャグマンガの主人公かのようにイライラ

 

 

またトラップに引っかかっちまったよ!分かっていても引っかかること多し!…でも、理不尽じゃあない!.jpg

 

何が憎ったらしいってアナタ、たとえば画面上側に位置するトラップが連続した後、画面下側にトラップが出現するんですよ。

 

こちらの注意を上に引き付けておいて下!という心理的な罠までしかけられているのだ。

 

トラップに引っかかってしまった自分が、ギャグマンガの主人公になってしまったようで、「キエ―!」と叫びたくなるほどイライラする!

 

でも、決して理不尽ではないから、繰り返しプレイするんだけどね!キエ―ッ!

 

 

結論!ゲームとしても楽しい!表現が好きならオススメ

 

 

悔しくて何度もプレイしちゃうアクションゲームって、結局は楽しいんだよね…!.jpg

 

イライラしながらもプレイを繰り返してしまうのは、トラップを乗り越えていく部分に、ちゃんとアクションゲームとしてのおもしろさが込められているからに他ならない。

 

なので、本作のユニークなコミック表現が気に入った人にはオススメだ。

 

ステージが進むと新たな表現、トラップが出てくるので、「次のステージを見るまでやめてやるか…!」と思える点も◎!

 

 

ゲームの流れ

 

Comic Boy_1.jpg

 

アメコミと言っても「アベンジャーズ」とか「バットマン」とかいった系統のものじゃなく、「スヌーピー」に近いテイスト。

 

画面をタップしてステージを選ぶとゲームスタートだ!

 

 

 

Comic Boy_2.jpg

 

上スワイプでジャンプ、下スワイプで横転、ジャンプ中に下スワイプで攻撃だ。

 

また、左右スワイプで移動スピードを調整できる。トラップを抜けるタイミングを調整したい時に使うといいだろう。

 

 

 

Comic Boy_3.jpg

 

敵を倒したり、インクのボトルを獲得するとインクゲージが貯まっていく。

 

インクゲージ最大まで貯まると無敵化できるぞ!一気にトラップを駆け抜けよう。

 

 

 

Comic Boy_4.jpg

 

ステージをクリアすると、新たなステージが解放される。

 

ステージのクリア状況は☆マークの数で評価されるぞ。☆3つが最高スコアだ。

 

 

 

Comic Boy_5.jpg

 

ステージ中獲得したアイテムは、ステージクリアするとコインに変化!

 

コインを消費することで、新キャラクターをアンロックしていくことが可能だ。

 

 

 

「Comic Boy」の攻略のコツは下のコマにあるトラップへの対処

 

トラップを回避する際、特に気を付けた方がいいのが、下のコマへの移動。.jpg

 

心理的な死角に置かれることが多く、ついつい引っかかってしまう本作のトラップ。

 

そんな中でもとりわけ引っかかりやすいのが、下のコマへと移動するときのトラップだ。

 

 

攻撃で下へと移動!トラップを破壊しよう

 

 

こういうトラップ配置の場合、攻撃しながら移動すれば下のコマのトラップは破壊できる。.jpg

 

下のコマの着地ポイントちょうどにトラップが置かれていると、着地時にトラップを踏み、やられてしまう…。

 

そこで、下のコマへ移動する時は基本的に上スワイプでジャンプし、下スワイプによる攻撃を繰り出しながら移動しよう。

 

これなら、着地ポイントにあるトラップを破壊できるぞ。

 

 

「引き」の画面で記憶!トラップの配置を覚えよう

 

 

下に降りた途端避けなければならないパターン!きっちりトラップ配置を覚えておこう。.jpg

 

一方、攻略する上で記憶力が求められるのが、下のコマへ移動後、すぐにジャンプや横転でよけなければならない、移動直後のトラップ。

 

このタイプのトラップを切り抜けるには、画面が「引き(ズームアウト)」の状態で、トラップの配置を覚えておくことがポイント。

 

どうしても忘れてしまう…という場合は、下へ移動した直後にトラップが出てくるかもしれない…と用心しておき、咄嗟に上下のスワイプができるよう準備しておこう。

 

 

 

他にも楽しいゲームが揃っています!

 
 

<アプリ★ゲット編集部からのコメント>

 

 

田中一広.jpg
田中一広
敵を倒すとインクに戻ったり、枠線を乗り越えて他のコマに移動したり…と、コミック的な演出が楽しい!

 

 

田中一広.jpg
田中一広
理不尽ではないものの、トラップ配置がいやらしいので難易度は結構高い。お気軽プレイではクリアできないので、しっかり腰を据えてプレイしよう。

 

 

<記事提供元>

 

無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。

 
 

アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリはコチラ

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comic Boy
FredBear Games Ltd Comic Boy 無料

枠線越えて次のコマへ!敵を倒せばインクに戻る!コミックを“そのまま”ゲーム化したアクションゲーム『Comic Boy』

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ