ガチャも完全無料!ポップなアートデザインと独自のパズル。面白すぎたパズルRPGが売り切りで復活!『WonderBlocks』

パズドラでもテトリスでもない、ワンダーなブロックパズル。ワンブロ。.jpg
WonderBlocks(ワンダーブロック)はセンスに満ちた、遊び心満載の非王道パズルRPG。
 


 

名作パズルRPGが買い切りになって復活!

魔王討伐に成功した一見平和に見える世界。だが、「魔王を討伐したから全てのモンスターが消える」わけもなく、一般人の主人公は、テトリス風のブロックをボード上に配置し、弱体化したモンスターの後始末をしていく。
 
思考力を要求されるパズル、ポップなキャラとアートデザイン、洗練されたBGM、王道を逆手にとったメタ演出。どれもスマホ史に残るべき魅力に満ちた凝りに凝った作品だ。
 
 
ソシャゲ→買い切りゲームになったことにより快適にプレイ可能。
 
 
RPGらしからぬポップなデザインも明らかに時代の先を走っていた。.jpg

 
2015 年3月に公開されたが、惜しまれながらサービス終了した「ワンブロ」こと本作。今回は480円の買い切りゲームになり追加課金は一切ない。
 
広告やスタミナ、オンライン要素はなくなり、ガチャはBOX形式を採用してゲーム内通貨で引けるようになり、全キャラが容易に揃うようになっている。今何一つ色あせない演出やデザインは、ゲーマーなら体験しておきたい一作だ。
 
 
パズルのテク>キャラの強さという思考パズルの妙味
 
 
キャラのレアリティより使いやすい形であることが重要視だ。.jpg

 
レアキャラを揃えなくても、パズルのテク次第で敵に勝てる、ゲーマー向けの、そして何よりキャラ設定やペーパークラフト風のデザインが非常に秀逸だ。かっこよすぎる。
 
だからこそソシャゲ!って感じがせず、射幸性を煽れず、採算がとれなかったのかもしれない。オリジナリティもセンスがある。性格悪い僕が保証するよ。
 
 

WonderBlocks(ワンダーブロック)の魅力は遊び心とセンスに満ちた作り込んだビジュアル

 
グラブル風のラスボス戦とスタッフロール。全部マエフリ。凝りすぎてる。.jpg

 
いきなりラスボス戦。あるいは回想。もはやスマホRPGでは常套句の「チュートリアル」だが、本作はすごい。その時だけ絵柄まで王道ソシャゲ風に変え、ドット絵込みのスタッフロールまで流している。
 
そう、それはすべて「本格RPG後の世界」という演出のため。主人公が勇者じゃなく一般人なのも「MOON」のようなラブデリック感がある。もちろん思考力を要求されるパズル部分も素晴らしいが、プレイしてるだけで幸福になる、センスフル演出とビジュアルが随所に満ちている。僕は絶賛する。
 
 
テトリスでもパズドラでもない、ワンダーなパズル
 
 
主人公が勇者でもない、という設定だけでも大好物。.jpg

 
キャラクターのステータスやレアリティだけではなく、パズルを組み合わせる知恵とテクニックを要求されるバトル。それが本作の最大の特徴だろう。
 
ソシャゲ時代では、属性が7つで揃えるのが難しかったり、スキルが弱いのは確かにしんどかったと思う。だがスタミナもなく、ガチャも無料で引ける本作ならその魅力を存分に味わうことができる。
 
 
家庭用ゲームレベルのヴィジュアルに注目
 
 
美少女たちもかわいいですよ。何風でもない感じがロストテクノロジー!.jpg

 
ステージが進むと様々なルールのステージが登場。ガチャが酒場だったりする遊びココロ(魔王と勇者がボトルキープしてるの注目)。演出の一つ一つが愛おしく、ステージを進めるのが楽しくなってしまう。
 
ゆるい世界観、個性豊かなモンスター。そんな言葉では説明しきれないドキドキ。まさにワンダーな体験をもたらしてくれた。ありがとうと言いたくなるRPGなんだよ。伝わってくれよ。愛。
 
 

ゲームの流れ

 
WonderBlocks_1.jpg

 
超!本格派!王道の魔王決戦!みたいなオープニング。
 
だがこれは完全にマエフリであり、その後はポップなグラフィックに変化する。
 
 
 
WonderBlocks_2.jpg

 
キャラごとにブロックの形が違い、縦横どれかの一列を消すと大ダメージ。
 
逆にどこにも配置できなくなると「ブレイク」が発生し、こちらが大ダメージを受ける。
 
 
 
WonderBlocks_3.jpg

 
ガチャで同じキャラクターを入手すると自動成長。そして同キャラを合成すると最大レベルが上昇する。
 
ここらへんは昨今のスマホRPGをプレイしてる人ならわかりやすいかと思う。
 
 
 
WonderBlocks_4.jpg

 
ステージが進むと左右反転やブロックを破壊/再生できるお助けアイテムが使えるように。
 
こういうの課金じゃなく手に入るっていうのは気が楽なものだねえ。
 
 
 
WonderBlocks_5.jpg

 
★5のキャラクターをゲット!…とはいえ、このゲームではキャラのレアリティよりもブロックの形が重要。
 
そこらへんがイージーに俺TUEEEしたかったライトユーザーには面白さが伝わらなかったのかもしれないけど、ほんと面白かったよ。僕も知らなかったんだ。
 
 

WonderBlocks(ワンダーブロック)攻略のコツ

 
特殊ブロックの把握といいキャラ揃えるのと育成がコツ。.jpg

 
やってみると想像より難しい。レアキャラを手に入れたからって劇的に強化された感じはしないし、雑にパズルをやってるとガンガンブレイクされてSSランクはとれない。
 
あとはテトリスみたいに一気に何列を消そうとしなかったり、消すと縦横が詰まることを見越して先読みしていくのがとりあえずの基本戦術だろうか。
 
 
レアキャラより、ブロックの形でキャラを選べ
 
 
こんな形、★4でも全然使えない。トルネコかよ。.jpg

 
レアリティが高いキャラが強い。それは多くのスマホRPGではもはや前提となっている。だが本作はそうでもない。さすがに★7となると使いやすそうなキャラがいるらしいけど。
 
変な形のブロックよりわかりやすい形のほうが列を消しやすい。それを踏まえてパーティを編成しよう。属性はとりあえず後。
 
 
育成はやっぱり大事ヨ。RPGだからね
 
 
実績もペーパークラフト。この類まれなセンスのスタッフは今何をしているんだ?.jpg

 
で、各ステージでSSランクをとるとボーナス貰えるからSSをとりたいところ。でも中々難しい。そう、本作は中々難しく脳筋ゴリ押しが出来ないのだ。
 
で、キャラクター育成がやっぱりコツ。強化素材は属性を揃えることで効果を上がる。これをやってるかどうかで序盤の難易度は大きく変わってくるぞ。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
 
高野京介.jpg
高野京介
魅力的すぎるアートデザイン。買い切りになったためスタミナもなく、ガチャも完全無料。
 

 
<記事提供元>
 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。