レトロ2Dドット×ローグライクアクションRPG!時間停止を使ってトラップや宝箱が降り積もる迷宮を攻略『パンドライド』

レトロな雰囲気を醸し出すグラフィックやBGM。.jpg
「パンドライド(pandoraid)」は、レトログラフィックとビットサウンドで構成されたローグライクアクションRPGだ。
 


 

ローグライクとアクションRPGの融合!

常に頭上からブロックや宝箱、トラップが降り注ぎ、ブロックが重なってランダムダンジョンが形成される。
 
宝箱から資金や武器を獲得し、ブロックに偽装して現れるモンスターを倒しながら天高くそびえる塔の攻略を目指そう。
 
 
操作キャラを選択
 
 
パンドライド_1.jpg

 
個々にジャンプ力などのステータスが違い、ハーピーは一定時間飛行できるなど特殊効果を持つキャラもいるようだ。
 
 
ブロックに注意しながら敵を倒せ
 
 
パンドライド_2.jpg

 
ブロックや宝箱の下敷きになると即ゲームオーバーになるので注意しよう。
 
ボタンに触れている間は、ステージの時間が進んでキャラが武器を振り回すのでそれを利用して敵を倒す。
 
逆に指を離していると時間が止まるため、上から落ちてくるブロックやモンスターの位置を確かめながら慎重に進めることもできる。
 
 

パンドライド(pandoraid)の特徴は見た目以上にローグライク感があるところ

 
グラフィックやサウンドの雰囲気が良い。.jpg

 
見た目はアクションゲームに近いサイドビュー視点だが、空腹値の概念があり、ブロックが降り注ぐことで高低差のあるランダムダンジョンが形勢される。
 
剣を振る・投擲武器を投げるなどの攻撃アクション、画面に手を触れていないと時間が進まないというターン制を意識したような仕様もあり、見た目以上にローグライク感のあるRPGになっていた。
 
個人的には斬新でおもしろいと思うんだが、操作性を考慮すると時間停止は使いにくいかもしれない。
 
今後のアップデートでリアルタイムモードが追加されるため、そちらの不安は解消されるようだ。
 
 
キャラを育成!
 
 
パンドライド_3.jpg

 
装備品の付け替えもでき、ポイント溜めて操作キャラを切り替えながらダンジョンに挑もう。
 
 
武器屋で装備を整える
 
 
パンドライド_4.jpg

 
今までに宝箱から得た資金を使い、必要な武器を購入しよう。近接や投擲、魔法など様々な武器がある。
 
 
 

ゲームの流れ

 
パンドライド_5.jpg

 
キャラの購入費用であるポイントは、宝箱から一定確率で獲得できる。
 
 
 
パンドライド_6.jpg

 
移動やジャンプをしていると一定の間隔で武器を振り回し、投擲などの武器も一定の間隔で投げ続ける。
 
 
 
パンドライド_7.jpg

 
ブロックや宝箱の下敷きになると即ゲームオーバーなので、それを避けながら敵を倒していこう。
 
 
 
パンドライド_8.jpg

 
宝箱からバナナやパンを獲得できるので定期的にキャラに食べさせて回復しよう。
 
 
 
パンドライド_9.jpg

 
扉が現れるので、そこで武器を購入できる。
 
 
 

パンドライド(pandoraid)の攻略のコツ

 
ブロックは確実に避けるべし。.jpg

 
ゲームを進めるうえで一番怖いのはブロックや宝箱に潰されることなので、時間停止をうまく使って避けよう。
 
2フロア目から敵の体力が高くなり、倒しづらくなる。
 
地上にいる敵や複数の敵がいるときは近接武器に持ち替え、敵の数が少なかったり浮遊する敵が多かったりするときは投擲や魔法系の武器を使って戦うといい。
 
 
視点を切り替えよう
 
 
パンドライド_10.jpg

 
設定でチェックを外すと画面を広く見渡せるので、敵や落ちてくるブロックにも対応しやすくなる。
 
 
二段以上のブロックは飛べないので注意
 
 
パンドライド_11.jpg

 
3段以上の壁に挟まれると詰むので、そういった地形には近づかないようにしよう。
 
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
<アプリ★ゲット編集部からのコメント>
 
 
納谷英嗣.jpg
納谷英嗣
ドット絵やBGMの雰囲気が良く、アクションゲームの要素が強いのでプレイヤーの腕が試される。
 

 
納谷英嗣.jpg
納谷英嗣
画面から手を離すと時間が停止するため、操作に慣れが必要。今後リアルタイムモードが追加されるようだ。
 

 
<記事提供元>
 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!