【速報】民泊新法でどうなる?コンビニ、鍵受け渡しサービスで参入も

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【速報】民泊新法でどうなる?コンビニ、鍵受け渡しサービスで参入も
自治体の認可を得た施設のみを取りそろえた国内民泊予約サイト「STAY JAPAN」

自治体の認可を得た施設のみを取りそろえた国内民泊予約サイト「STAY JAPAN」

戸建てやマンションなど住宅のすべてや一部を宿泊サービスとして提供する「民泊」。2018年6月15日より「民泊新法」(住宅宿泊事業法)が施行されることで、日本における「民泊」のルールが大きく変わります。

 

どのように変わるのか説明するとともに、国内はもとより海外でも利用できる民泊サービスも紹介します。

 

 

法整備で宿泊者には健全な環境が整う!?

 

「民泊」という言葉が世間に浸透し始めたのは、2013年の『Airbnb』日本版公式サイトオープン、2015年に福岡市が嵐とEXILEのコンサート客向けに限定で民泊を認めたニュースからではないでしょうか。

 

『Airbnb』は、宿泊先を探す旅行者(ゲスト)と空き部屋を宿として提供する人(ホスト)との仲介(マッチング)サービス。利用者は世界6万5000都市に200万人にのぼり、日本でも外国からの観光客の増加に伴い、ホストも急増。しかしながら、部屋の安全面・衛生面が確保がされていない、騒音やゴミ出し等による近隣トラブルなどの問題も浮き彫りになりました。

 

『Airbnb』ログイン画面(左)物件一覧画面(右)

『Airbnb』ログイン画面(左)物件一覧画面(右)

 

 

今回施行される「民泊新法」はそれらに対応するため、一定のルールを定めて健全な民泊サービスの普及を図るものとして、新たに制定。2017年6月に法案が成立しました。

 

「民泊新法」は、ホストが都道府県知事等への届出を出す必要があったり、部屋の提供・営業日数が年間180日までになるなど、様々な取り決めが定められてます。

 

国内で民泊を行うためにいずれかの許可を得る必要がある。3つの制度を比較した表の一部。民泊制度ポータルサイト「minpaku」より

国内で民泊を行うためにいずれかの許可を得る必要がある。3つの制度を比較した表の一部。民泊制度ポータルサイト「minpaku」より

 

 

「民泊新法」については、政府の公式民泊制度ポータルサイト「minpaku」に詳しく記載されています。

 

 

いいことばかりじゃない「民泊新法」

 

満を持して施工される「民泊新法」ですが、ここに至るまで様々な問題がありました。

 

前述の『Airbnb』や『HomeAway』といった民泊仲介サービスに対して、違法民泊の物件についてサイトから削除するよう観光庁が通達。その後、民泊新法に対応する住宅宿泊事業者(ホスト)、住宅宿泊仲介業者(民泊仲介サービス)の事前届出の受付が開始されました。

 

それから、民泊新法施行後の違法物件に係る予約の取扱いについて観光庁が登録申請中の住宅宿泊仲介業者に対して、通知を発表。それを受けて、Airbnbは民泊新法の届出番号の登録が未入力の物件に対して、サイト内での掲載を除外。さらに、民泊新法が施行される6月15日〜19日の予約を強制削除しました。

 

強制削除によって、突然キャンセル扱いになってしまった宿泊客は路頭に迷う結果に。Airbnbは宿泊客に対して総額11億円の補償を拠出しました。

 

と、ザッと時系列で紹介しましたが、観光庁からの突然の通知に端を発したこの騒動。新法施行を前にしてドタバタな状況であることは火を見るより明らかです。

 

宿泊仲介業者、住宅宿泊事業者、宿泊者との関係がわかる一覧。民泊制度ポータルサイト「minpaku」より

宿泊仲介業者、住宅宿泊事業者、宿泊者との関係がわかる一覧。民泊制度ポータルサイト「minpaku」より

 

 

宿泊者にも影響が及んだ今回の新法。これまでホストを務めていた人も営業が年間180日までという制限から、住宅宿泊事業として申請することに二の足を踏む方も多いようです。5万件あるといわれる民泊物件のうち、2018年5月11日時点で届出は724件という数字からも伺えます。

 

キッチリしたルールができることはいいことですが、一般の方が民泊のホスト側にまわるにはいささかハードルが上がったのではないでしょうか。

 

 

2020年に向けてコンビニ×民泊が活性化!

 

個人がそんな状況なのもあってか、大手企業・コンビニが積極的に民泊事業に乗り出しています。特に、外国人がどこで買い物をしたかの調査で1位(観光庁の「訪日外国人の消費動向」<平成29年次報告書>より)を誇るコンビニを活用したサービスが、来る2020年に向けて活性化しそうです。

 

ローソンのキーボックス(Echika池袋店)

ローソンのキーボックス(Echika池袋店)

 

 

例えば、ローソン。2018年1月からキーカフェ・ジャパンと連携して、一部店舗の店内にキーボックスを設置。手軽に宿泊先の鍵の受け渡しができるようになっています。

 

セブン-イレブンはJTBと共同で民泊チェックイン機「フロントデスク24」を設置。セブン-イレブンの店舗でいつでもチェックインが行え、部屋の鍵を受け取れます。

 

ファミリーマートは2018年5月にAirbnbとの業務提携を発表。店頭での鍵の受け取り・返却に加え、宿泊者向けのファミマクーポンなどの展開も考えられているそう。コンビニがサービスを本格化することで、今後は外国人のみならず、日本人も民泊を利用したくなるような展開が待っているかもしれません。

 

 

民泊を利用するならどんなサービスを使えばよい?

 

まだまだ課題が多く残っている民泊ですが、コンビニの取り組みを見れば、一度泊まってみたいという気になった方もいるのでは?最後に、前述の『AirBnb』をはじめ、民泊施設を検索・予約できるサービスを3つご紹介しましょう。

 

民泊マッチングサービスの先駆け『Airbnb』

 

今回幾度となく名前が出てきた『Airbnb』。民泊マッチングサービスとしては間違いなく最大手。予約できる物件は、191ヶ国で400万件以上で、大手ホテルチェーンの上位5者を合わせた客室数より上だそう。

 

もちろん、日本にも物件がある(左)レビューもあるので、物件選びの参考になる(右)

もちろん、日本にも物件がある(左)レビューもあるので、物件選びの参考になる(右)

 

 

国から選んだり、条件を絞ったり、検索方法は様々。予約方法も難しくなく、支払いも含めて『Airbnb』を通して行うので安心。もちろん、ホストとしての登録も可能。その際は住宅宿泊事業の申請をお忘れなく。

 

『Airbnb』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

iPhoneの方はこちら

『Airbnb』をダウンロード

 

 

リゾート地へ行くならコレ!『HomeAway』

 

エクスペディアグループの民泊マッチングサービス。190ヶ国で約200万件の物件数を誇り、日本だけでも4000件以上掲載されています。また、リゾート地の物件が多いのが特長。写真を見ているだけでも思わず癒やされます。

 

『HomeAway』TOP画面に「目的地」「リスティング(物件)」の2つのタブがある(左)検索条件の絞り込み画面(右)

『HomeAway』TOP画面に「目的地」「リスティング(物件)」の2つのタブがある(左)検索条件の絞り込み画面(右)

 

 

目的地とリスティング(物件)から検索できます。基本的にできることは『Airbnb』と同じ。少し違うのは、絞り込みの要素が多いこと。無線インターネットやキッチン等の定番に、海辺やプライベートプールのようなリゾートに強い『HomeAway』ならではのものがあるのはおもしろいです。もちろん、こちらもホスト登録が可能です。

 

『HomeAway』を早速ダウンロード

アプリをダウンロード

 

iPhoneの方はこちら

『HomeAway by Expedia』をダウンロード

 

 

 

国内の合法施設のみ掲載だから安心「STAY JAPAN」

 

これまで紹介したサービスでも国内の民泊施設は探せますが、こちらは日本最大級の民泊予約サイト(https://stayjapan.com/)。自治体の認可を得た合法施設しか載っていません。HPのTOPには「観光庁からの通達に伴う違法民泊の予約取り消しの心配はございませんので、安心してご利用ください。」と明記されています。

 

「観光庁からの通達に伴う違法民泊の予約取り消しの心配はございませんので、安心してご利用ください。」と明記

「観光庁からの通達に伴う違法民泊の予約取り消しの心配はございませんので、安心してご利用ください。」と明記

 

施設の探し方にもひと工夫あり。エリア検索はもちろん、「リゾート」、「伝統の住まいに泊まる」、「農家や漁師の家に泊まる」など、9つの項目から探せます。いつもの国内旅行と違う体験がしたいなら、ここから探すことをオススメします。

 

iPhoneの方はこちら

『STAY JAPAN – 日本発公認民泊予約サービス』をダウンロード

 

 

 

まとめ

 

民泊って安く泊まれてお得だけど、どこか不安がありました。そういう意味では、今回の新法施行により整備された施設が増えるのは安心だと思っていましたが、実情はなかなかゴタゴタで……。

 

活用すれば、すごく便利ですし、観光庁と仲介業者、ホスト、すべてが納得いく形で進めていただきたいものです。

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加