本格ハクスラ×派遣のマネジメント!冒険者と労働者を雇って装備を生産する3DシミュレーションRPG『Doona Rebirth』

スカウトした仲間を冒険へ向かわせよう。.jpg
『Doona Rebirth(ドゥナ リバース)』は、チームを組んでランダム生成されるダンジョンへ派遣させるシミュレーションRPGだ。
 


 

戦闘も採取もゼンブお任せ! でも管理は大変なやり込み系RPG

自動化されたローグライク風バトルと、ハクスラ系のアイテム集め&装備厳選
 
2つのコンテンツを合わせたゲーム性が秀逸な掘り出しモノ感のあるインディーズゲームとなっている!
 
 

時に戦い、時に採取してフィールドを自動探索

 
 
一部のオブジェクトはNPCが持ち帰る。.jpg

 
プレイヤー操作は「SP」コストを消費してのキャラ出撃がメインで、その後はCPUによるオート操作で進めてくれる。
 
思考パターンは手持ちの武器種に依存しており、弓・杖といった遠距離系なら敵から離れて攻撃するよう立ち回るのだ。
 
斧・ツルハシを持たせれば道端の木を伐り岩を掘りと戦闘そっちのけで採取アクションばかりになるのがユニーク。
 
 

キャラを創っての自由なパーティ編成

 
 
一部は装備で見えなくなっちゃうけどね。.jpg

 
酒場では仲間を雇用でき、ヒューマン・骸骨・ゴブリン・巨人と4つの人種から選んでから外見のキャラメイク。
 
能力は人種によって異なり、巨人はアイテムを装備できないけど素ステータスが超伸びるなど各々がユニークな特性を持つ。
 
得意分野は違うけど職業(ジョブ)のような縛りはないから武器を換えれば誰でも戦闘員⇔労働者として役立ってくれるぞ。
 
 

『Doona Rebirth』はガッツリとした遊び応えをカジュアルに堪能できる!

 
全員を毎回気にするのはタイヘン。.jpg

 
バトル後は道中で採取orドロップした素材を使って「クラフト」。同じ装備でも生産する度に性能が変わるトレジャー仕様だ。
 
通常マネーを好きな素材に変換できるのも特徴でどこを周回しようが求める装備の厳選作業へ直結するゲーム性が嬉しい。
 
複数人をチクチク並行して成長していくのも、一人だけを育てるタイプとは違った派遣シミュレーションらしいマネジメントの楽しさがある。
 
しかし武器・鎧・盾・兜・アクセとスロット数が多くてキャラも最大8人出撃分だから、極めるなら果てしない道のりになるだろう。
 
 

プレイヤーの負担を減らす便利機能

 
 
素材も経験値もガッポリ。.jpg

 
アクション寄りのハクスラ系だと逆に面倒とすら思えるスケールだが、本作はオートプレイを軸にしたことで苦痛を感じず作業へ没入できてしまう。
 
編成を見繕ってパパッと出撃させるだけで成果があるし、数秒待てば勝手に次ステージへ移行してくれたりと手軽に遊べるスタンスなのだ。
 
放置ゲー感覚で遊べつつ内容は一歩も二歩も踏み込んでいて、やり込みRPGが好きなら挑戦する価値アリですぞ。
 
 

複数ジャンルを取り入れた全自動バトル

 
 
タワーディフェンス要素も含まれる。.jpg

 
自動進行ではあるけど、ローグライクとタクティクスS-RPGのエッセンスを混ぜたような戦闘描写は見ていて飽きない。
 
何気に攻撃可能な範囲マスがしっかり設定されていて、フィールドの地形次第では移動を遮られることもある。
 
敵を撃破すると砕けてドットになる3Dボクセルデザインも良い味出てるし、絶妙なチープ感がゲーム性とマッチしてるのよね。
 
 

ゲームの流れ

 
Doona Rebirth_1.jpg

 
「ドゥナ」と同じ海外デベロッパーの第ニ作にあたる本作。
 
前作はクロッシーロード系RPGだったが今作は大幅にジャンルを変更。
 
元の少女はどこへやら、多数のキャラを率いる軍隊オートバトルになった。でもこれはこれで好き。
 
 
 
Doona Rebirth_2.jpg

 
バトル画面。味気ないかと思いきや「SP」を駆使したタワーディフェンス風の戦術性がわずかにある。
 
難しいステージでは出撃キャラを絞ってスキルを発動するなどタイミングが重要に。
 
直接動かせはしないけどギミックが凝っていて眺めるのも楽しい。軍団でワチャワチャするのもいいね。
 
 
 
Doona Rebirth_3.jpg

 
通常マネーを素材に変換できるショップ。主に使われる「木材」はクッソ安いので木こりより鉱夫のほうが良さげ。
 
逆に余ったレア素材を売ることも可能だ。序盤は使わないので資金に回してもいいだろう。
 
 
 
Doona Rebirth_4.jpg

 
キャラは一定の強さに達すると「転生」してリセットでき、一回り強くなる。
 
もちろん1レベルに戻るけど制限は外れたままなので転生前の装備を使える。外しても問題なしと優しめ。
 
 
 
Doona Rebirth_5.jpg

 
ダンジョンは進む毎に景色が変わり、ランダム生成なのもあって繰り返し遊びやすいぞ。
 
後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)
 
 

『Doona Rebirth(ドゥナ リバース)』序盤攻略のコツ。

 
総ステージ数は1400近く!!.jpg

 
まずは「チュートリアル」ステージを攻略してパーティ枠を開放しよう。ここだけ「ツルハシ」持ちがいないと詰むので注意。
 
定石としては近接1人を最強フル装備でガチガチにしてヘイトを集め、場の安全を確保してから後衛キャラを出すといい。
 
それでも死ぬならオプション枠で「HP+」が付いたアイテムを装備させよう。序盤なら一気に安定度が増すぞ。
 
 

採取係って通常ステージなら意外と不要では……?

 
 
Doona Rebirth_6.jpg

 
通常マネーをマテリアルへ変換=バトルの儲けだけで素材が揃うので、実は「斧・ツルハシ」の作業員は必須じゃなかったりする。
 
どちらかというと装備を全員分用意するのは大変だから、ほぼ裸でも後方で利益を上げてくれるオマケとして捉えたい。
 
逆にオススメなのは「ジャイアント」。魔法耐性はゼロだが装備が一切不要なのにタフで自動回復持ちと壁役に最適で一人は欲しい。
 
 

強化する武器は攻撃速度を意識してみよう

 
 
Doona Rebirth_7.jpg

 
武器のアップグレードは元の性能に関係なく攻撃力+2と速度+0.1を積み重ねていくので速度は上がりにくい。
 
固有スキルやリーチを考慮せずにステータスだけ見るなら一発が軽くて素早い種類が最適だ。「トライデント」とかイイぞ。
 
せっかくならランダムオプション部分も厳選してから鍛えよう。シンプルに「ダメージ+」を積むだけでも強いぜ。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 
 

アプリ★ゲット編集部からのコメント

 
ノスミス.jpg
ノスミス
ハクスラ系のボリュームを全自動で楽しめる。演出がよく出来ていてゲーム感も保っていた。
 

 
ノスミス.jpg
ノスミス
バフ効果が安ければ嬉しいんだけどなぁ。日本語は近日対応らしいぞ!
 

 

記事提供元

 
無料ゲームを探せるアプリ★ゲットアプリ★ゲット
日本最大のAndroidゲームレビューサイト。毎日2回以上更新され、紹介本数は2000本を超える。
 
 
アプリ★ゲットアプリ★ゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。

この記事にコメントする!