往年の名作「ハングオン」を彷彿とさせるドット絵バイクレースゲーム!ジャンプ台&ブーストで爽快に突っ走れ!『Retro Highway』

ハイウェイを突っ走れ!.jpg
「Retro Highway(レトロハイウェイ)」は、SFCやメガドラ時代のようなドット絵によるバイクレースゲーム。
 


 

2Dドット絵のバイクでハイウェイで風になる!レトロチックバイクレース!

バイクモノの名作「ハングオン」(セガ)を彷彿とさせるスタイルで、コース取り以外にジャンプ台で跳ぶ要素も加わっている。
 
 

ジャンプ台でテイクオフ!アクション性バツグンのバイクレース!

 
 
空中のコインも逃すな!.jpg

 
操作は左右ボタンによるコース取りと、ゲージ消費で加速するニトロブーストジャンプ台になる車に乗りあげることでのジャンプが基本となる。
 
コースに設置されたコインは地上だけでなく空中にもあるのでジャンプの使いどころが重要だ。
 
衝突は接触位置によってダメージのみの場合と、一撃で大爆発となる場合があるので上手く爆発を回避しながらより長い距離を走り抜けよう。
 
 

豊富なバイク・コースで遊ぼう!

 
 
空に見えるのは地球!ムーンベースコース!.jpg

 
バイクはコースで入手したコインを消費して性能の違う新たなモノを解放することができる。
 
コースも豊富で、一定条件を満たすことで新コースが走れるようになるぞ。
 
さまざまな地形を走るコトとなり、写真の「ムーンベース」コースのように地球ではない場所まで用意されているんだ。
 
 

『Retro Highway』の魅力は、こだわりの2Dと高いアクション性!

 
爆発!.jpg

 
2Dドット絵での表現が非常によくできていて爆発の演出や、その後の挙動は凄まじいまでのこだわりを感じる。
 
バイクが爆発して飛び出してしまったライダーは、他の車にぶつかってしまったりと余計と思われる接触判定まで再現。
 
また、カーブでの滑り方や車にかすめてしまった時の衝撃・破損といった細かい点もよくできているので注目してほしい。
 
 

瞬時の判断で爽快ライディング!

 
 
ジャンプで前の車を飛び越えよう。大丈夫?.jpg

 
コースごとにジャンプ台の登場頻度は違うものの、地形に合わせて多彩な場面で登場する。
 
看板やトンネルといった地形は、ただの背景ではなくジャンプした時に衝突してしまうオブジェクトにもなっているのでジャンプするか瞬時の判断が必要だ。
 
 

コースごとの交通事情

 
 
交差点あるじゃん!.jpg

 
コースはそれぞれが背景が違うのはもちろんだが、交通事情が異なる点も見逃せないファクター。
 
十字路のあるコースの場合、前からの車だけでなく横方向からの車にも注意が必要ってことだ。
 
 

ゲームの流れ

 
Retro Highway_1.jpg

 
ニトロによるブーストとジャンプ台にできる車など、操作を覚えておこう。
 
バイクごとの操作のクセもあるので慣れていくべし。
 
 
 
Retro Highway_2.jpg

 
レトロな雰囲気のドット絵がたまらない。
 
これでも動くとかなり立体的だ。
 
 
 
Retro Highway_3.jpg

 
コースにはトンネルもある。
 
ここでジャンプすると天井へ激突してしまうぞ!
 
 
 
Retro Highway_4.jpg

 
どれだけ走れたかな?
 
コインを増やして次につなげよう。
 
 
 
Retro Highway_5.jpg

 
バイクの種類を増やして更なるハイスコアを狙うぞ。
 
新たなコースを駆け抜けろ!
 
 

『Retro Highway』の攻略のコツ

 
空中制動でコインを回収!.jpg

 
上空の障害物がない状態ならジャンプ台は積極的に活用していこう。
 
空中のコインを回収できるし、対空状態でも左右への制御が可能なので着地地点にさえ気をつければ車も飛び越せるので便利だ。
 
ただし前述している通りトンネル内でのジャンプは即死フラグなので絶対やっちゃダメなヤツ。
 
 

自分のゴーストをペースメーカーに!

 
 
失敗した場所は要注意!.jpg

 
以前に走った自分の走りがゴーストとして表示されるので、クラッシュした位置などを参考にして同じ轍を踏まないようにしていこう。
 
コース取りなど、前回とは違う場所を通って安全性を比べてみるのもいいので、ゴーストの動きは常に気にしておくべし。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 

アプリゲット編集部からのコメント

 
むらさき.jpg
むらさき
ジャンプで車を飛び越えるのは超気持ちいい!
 

 
むらさき.jpg
むらさき
ジャンプ台は爽快だが必ず飛べばいいのではなく罠もあるので注意が必要だ。
 

 

記事提供元

 
無料ゲームを探せるアプリゲットアプリゲット
日本最大級のスマホゲームメディア。
 

 
アプリゲットアプリゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。