手書き風の不気味なロンドンを探索!二重人格ホラーの元祖「ジキル&ハイド」を描く2Dアドベンチャー『MazM: ジキル&ハイド』

周囲の人間に不快感を与え、暴虐に振る舞うハイド…!話の展開を知っていても、彼の登場シーンには緊迫感を覚える。.jpg
『MazM: ジキル&ハイド』は、小説「ジキル博士とハイド氏」を原作とした2D探索アドベンチャーゲーム。
 


 

元祖サイコホラー小説「ジキル博士とハイド氏」をベースにした2D探索アドベンチャー

手書き風に描かれた2Dマップを移動し、ジキル博士とハイド氏にまつわる怪事件の謎を探索する正統派アドベンチャーだ!
 
 

元祖サイコホラー!「ジキル博士とハイド氏」とは?

 
 
原作同様、物語は転んだ少女をハイドが踏みつけるという一件から始まる。

 
「ジキル博士とハイド氏」は今から130年以上も前に書かれた小説。
 
映画やゲームに繰り返し描かれ、最近では「FGO」にも登場しているのでご存知の方も多いだろう。
 
ロンドンで起きる怪事件の裏に存在する、おぞましいハイド氏。
 
だがその正体は高潔な紳士・ジキル博士だった…。
 
二重人格という人間の闇を描いた、現代のサイコホラーものの元祖といっていい小説なのだ!
 
 

不気味さに引き込まれる!手書き風に表現されたロンドン

 
 
手書き風に描かれたマップやBGMといった世界観がユニークで魅力的!原作を知っていてもバッチリ楽しめるぞ。.jpg

 
本作は原作である「ジキル博士とハイド氏」の物語を忠実に再現している。
 
なので、原作を知っていると展開モロバレで楽しめない…かと思いきや、全然そんなことはない!
 
手書き風に描かれたマップ、不気味なBGMといった演出の力により、展開を知っていても思わず引き込まれてしまう…。
 
そんな魅力を持った作品なのだ!
 
 
 

『MazM: ジキル&ハイド』の特徴は自分が探索している!という臨場感

 
目的地や話しかけたい人をタップして移動!自分が探索している気分になれるシステムだ。.jpg

 
本作の大きな魅力を作り出しているのが操作システムだ。
 
操作システムはプレイヤーが調べたい場所までキャラクターを移動させる…というタイプ。
 
キャラクターとの一体感が強いので、自分で探索している感覚になれるのだ!
 
 

「!」マークが目印!行き詰りにくい親切設計

 
 
「!」マークの表示されたポイントを調べれば、ゲーム進行に必要な情報が必ず獲得できるぞ。.jpg

 
本作では、RPGのように複数のマップを行き来して探索を進めていく。
 
なので、調べなきゃいけない場所は、かなり広い。
 
ただ、探索可能な場所は近づくだけでわかるし、ゲーム進行に関わる場所なら「!」マークが出現!
 
行き詰らず、スムーズに物語を味わえるこの親切設計…超助かる!
 
 

展開に刺激!スパイス的に用意されたギミック

 
 
暗号入力イベント発生!一般的な脱出ゲームより難易度は低いが、それでも展開上いい刺激になってくれる。.jpg

 
本作の基本的な展開は、探索ポイントから探索ポイントへと移動して調べていく…というもの。
 
ただその合間に、暗号入力イベントや時間制限イベントが発生する。
 
脱出ゲームと比べてイベントの発生頻度は控えめ。
 
だけど、それが逆に「ここでイベントが発生するのか!」という新鮮さを生み出していて、ゲーム展開に刺激を与えている!
 
 

ゲームの流れ

 
MazM- ジキル&ハイド_1.jpg

 
主人公は「ジキル博士とハイド氏」同様、弁護士のアターソン!彼を探索可能ポイントへと導き、調査しよう。
 
ゲームは基本的に探索→会話→探索…といった流れで進んでいくぞ。
 
 
 
MazM- ジキル&ハイド_2.jpg

 
探索可能なマップが、ロンドン市内を描いた大マップによって繋がっている。
 
「!」マークのついたマップは、新たに出現したマップ!ゲーム進行に伴い、マップが増えていくぞ。
 
 
 
MazM- ジキル&ハイド_3.jpg

 
会話の途中で選択肢が出現することも!
 
少なくとも序盤では選び間違って即死ということはない…。でも、中盤以降はどうなるかわからないので、慎重に選びたいところ。
 
 
 
MazM- ジキル&ハイド_4.jpg

 
画面左の「情報手帖」や「レビュー」といったコマンドから、探索で獲得した情報や当時の時代背景を確認できるぞ。
 
「ジン」や「アブサン」など、当時の時代を表す酒が多く登場するので、歴史&お酒に詳しいと楽しさアップ!
 
 
 
MazM- ジキル&ハイド_5.jpg

 
事件の経緯はタイムライン上に配置されていく。
 
中には有料アイテムの「クラウン」でアンロックできるサブストーリーも存在!「クラウン」は動画広告視聴で無料ゲット可能だ。
 
 
 

『MazM: ジキル&ハイド』の攻略のコツは世界をじっくり堪能すること

 
書類上の空白ポイントでタイミングよくタップするというリズムゲー的なイベントも存在。ただどのイベントも難易度低めなので、攻略上の基本は「調査」だ。.jpg

 
本作では、基本的に「世界観をじっくり味わう」つもりでプレイしていれば、自然とやるべきことが見えてくる。
 
手書き風のグラフィックや登場人物のセリフひとつひとつをじっくり味わいながらプレイするといいだろう。
 
 

マップ内の隅から隅まで移動!探索ポイントを把握しよう

 
 
マップをくまなく移動しよう!探索可能ポイントを把握でき、セリフから一定の情報も獲得できる。.jpg

 
移動可能になったらまず、今いるマップをくまなく移動しよう。
 
移動すればどこが探索可能なポイントかわかるし、ゲームを進めるために必要な「!」マークの場所も把握できる。
 
攻略上必要なポイントを調べつつ、グラフィックの味を堪能するのがオススメ!
 
 

意外なエピソードも!?「!」ポイント以外も調べよう

 
 
ジャック・ザ・リッパー!ロンドンだから登場してもおかしくはないけど、意外な人物のお名前…。.jpg

 
ゲームは「!」マークのポイントさえ調べれば進行する。
 
なので、効率よく進めたかったら「!」マークのポイントだけ探索すればOK!
 
ただ、それではせっかくの世界観を味わえず、本作のおもしろさが半減してしまう…。
 
どうせなら「!」マークだけでなく、探索できるところはすべて調べよう
 
中にはハイドではなく、「ジャック・ザ・リッパー」のことを語っている人などいて、ホラー好きなら思わずニヤリ!としてしまうだろう…。
 
 
 
他にも楽しいゲームが揃っています!

 

アプリゲット編集部からのコメント

 
田中一広.jpg
田中一広
原作「ジキル博士とハイド氏」を忠実にゲーム化!サイコホラーの元祖といえる名作をゲームで体験できちゃう!
 

 
田中一広.jpg
田中一広
有料アイテム使わないとイベントシーンの一枚絵グラフィックが表示されない…。まあ、見なくてもゲーム進行には支障ないのだけど…。
 

 

記事提供元

 
無料ゲームを探せるアプリゲットアプリゲット
日本最大級のスマホゲームメディア。
 

 
アプリゲットアプリゲットのAndroidアプリは コチラ

こちらの記事もご覧ください。