熱中症対策にスマホで遠隔操作できるエアコンがおすすめ!AI×IoTが酷暑の夏を救う?

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
熱中症対策にスマホで遠隔操作できるエアコンがおすすめ!AI×IoTが酷暑の夏を救う?
熱中症対策にスマホで遠隔操作できるエアコンがおすすめ!

熱中症対策にスマホで遠隔操作できるエアコンがおすすめ!

暑いです。気象庁が「災害」と言うほどの暑さが続く、2018年・夏。熱中症で死者が相次いでいることからもその異常さが伺えます。様々な熱中症対策があるなかで、エアコン(クーラー)の適切な利用が求められます。

 

一日中家にいるなら別ですが、外から帰宅する時にムワッと蒸した部屋に帰るのはツラいです。帰宅直後から涼しい部屋だったらいいのに……と思いますが、仕事で朝早くに出て夜遅くの帰宅の方だと“つけっぱなし”にするには気が引けます。

 

しかし!スマートフォンがあれば、そんな心配ご無用。遠隔操作でエアコンのON/OFFができるのです。そんな素晴らしきIoT家電・スマート家電のエアコンをご紹介しましょう。

 

 

SHARP製の最新エアコンは無線LAN内蔵!

冒頭でかなり強気なことを書きましたが、すべてのエアコンでスマートフォン対応の遠隔ON/OFFができるわけではありません(機種に関係なく、遠隔操作できる機器もあるようですが……)。

 

今回は、2018年1月に発売されたSHARP製、無線LAN内蔵のプラズマクラスターエアコン「Xシリーズ」を例に出して、スマホでエアコンをどのように操作できるのかご紹介します。

 

プラズマクラスターエアコン AY-H40X2(ホワイト系)

プラズマクラスターエアコン AY-H40X2(ホワイト系)

 

「Xシリーズ」のエアコンは、おなじみ「プラズマクラスター」の新技術「プラズマクラスターNEXT」を搭載。ニオイ原因菌の除菌や、消臭、除電のスピードアップを実現しています。

 

また、エアコンの停止中でも「プラズマクラスターパトロール」により、部屋やエアコン内部のカビを抑制。部屋を自動で清潔にしてくれます。ただ、部屋を涼しく、暖かくするだけではない、ストレスがたまりにくい、集中力を維持しやすい環境を作ってくれます。

 

Amazonで商品をチェック

 

スマホでどうやって遠隔操作できるのか!?

もちろん、スマホでの遠隔操作も行えます!前述の通り、本機は無線LANを内蔵。SHARP独自のAIoTクラウドサービス「COCORO AIR」を利用できます。※AIとIoTを組み合わせたのがAIoTです。

 

これはAIが、利用者の使い方を学習して、運転の制御や温度管理などを行うというもの。しかも、エアコンが天気や省エネ情報を音声で伝えてくれる機能も搭載。もはやエアコンの枠を超えた、友だち以上家族未満な関係を築いてくれます。

 

『COCORO AIR』アプリ画面(左)『COCORO AIR』エアコン操作画面(右)

『COCORO AIR』アプリ画面(左)『COCORO AIR』エアコン操作画面(右)

 

このクラウドサービスは、無料アプリ『COCORO AIR』での操作履歴を元に学習していきます。そして、そのアプリからエアコンを遠隔操作することができるのです。
 
アプリをダウンロード
 
iPhoneの方はこちら
『COCORO AIR』をダウンロード

 

代表的な操作はもちろん、エアコンのON/OFF。帰宅前にONにして部屋を涼しくできますし、OFFに至っては、切り忘れてしまった場合、GPSとの連動により、自宅から一定の距離を離れると通知してくれるというからすごい。

 

『COCORO AIR』運転モード画面(左)『COCORO AIR』風量&風向操作画面(右)

『COCORO AIR』運転モード画面(左)『COCORO AIR』風量&風向操作画面(右)

 

ただON/OFFができるだけでなく、本体に付属しているリモコンのように風向きや風量の操作まで可能。さらに、リモコンにはないタイマー機能も搭載。時刻、曜日、温度、風向き、風量まで細かく設定できます。これなら、急な来客があっても部屋を冷やして快適な状態で迎えられます。

 

『COCORO AIR』タイマー設定繰り返し画面(左)『COCORO AIR』タイマー設定時刻画面(右)

『COCORO AIR』タイマー設定繰り返し画面(左)『COCORO AIR』タイマー設定時刻画面(右)

 

ほかには、部屋の現在の様子を確認できる「お部屋状況モニター」があります。冷房をつけていない状態であればすぐにONにして部屋を冷やして熱中症対策に、冷えすぎているなと思えば温度を上げて調整できます。ペットや高齢者のいるご家庭にはありがたい機能ではないでしょうか。

 

『COCORO AIR』お部屋の状況確認画面(左)『COCORO AIR』リビングが37℃の状態。すぐにONしたい(右)

『COCORO AIR』お部屋の状況確認画面(左)『COCORO AIR』リビングが37℃の状態。すぐにONしたい(右)

 

これだけの機能があれば、夏に限らず、冬も暖房で大活躍することは間違いありません。

 

 

遠隔操作ができない人はどう使えばいい?

エアコンが遠隔操作できると、ここまで便利になるということがおわかりいただけたかと思います。でも、まだ新しいエアコンは買えないというあなた(僕もです)!エアコンをどのようにして賢く使えばいいのか調べてみました。

 

環境省のHPによると、消費電力は設定温度の影響を強く受けていて、冷房の場合、設定温度を1℃上げるだけで約10%の節電になるそうです。

 

では設定温度は何℃がいいのか。環境省の推奨室内温度の目安は28℃です。でも数字だけ見ると、そんなに涼しく感じませんよね。しかし、冷房の温度は外気との差が5、6℃で使うといいと言われています。なので、外気が33、34℃だと28℃が適温なので、目安の通りといえます。

 

また、“つけっぱなし”問題については、マンションだと日中30分程度の外出であれば、つけっぱなしの方が消すよりも電気代が安かったという実験結果があるそう。

 

なので、設定温度は28℃を目安に、暑ければ風量を強くし、風向を上に向け、扇風機を回して部屋に冷気を循環させるべし。そして、外出時間が長くなければ、つけっぱなしにしておくのが良さそうです。

 

スマホで遠隔操作できる方も、そうでない方も賢く使って、この酷暑を乗り切りましょう!
 
Amazonで商品をチェック

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加