ごきげんよう、我が主。成長を積み重ねてプレイヤーモンスターに打ち勝つ横スクロール×乱闘アクションRPG『Hi Lord』

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回避ですり抜けるのは可能だ。.jpg

『Hi Lord(ハイ ロード)』はモンスター軍の主として他者を制圧する横スクロール型のアクションゲームだ。

 


 

強者から魂を奪い取り、戦場を生き抜け。

フィールド上は他のプレイヤー達が徘徊しており、全員で殺し合いながら5分間生き残るというサバイバル風のシステム。

 

アクションの駆け引きだけじゃなくモンスターの育成要素も備えていて、愉快な乱闘バトルRPGに興じられるぞ!

 

 

編成した3体で挑むバトルロワイヤル

 

モンスターは左右へのみ移動する。ジャンプできないので両側から迫られると接触を避けられない。

 

代わりに攻撃・スキル・回避と3種のボタンアクションを使用でき、立ち回り次第ではノーダメでも大量キルを稼げるぞ。

 

ステージクリア時には毎回ドロップ判定があり、5分を待たずに自主退場してもレアモンスターなどの報酬を貰えるぞ。

 

 

各モンスターの個性を活かしながら育てよう

 

 

余ったザコは吸収合体で使って主力のステータスを上げられる。.jpg

 

各モンスターは戦士・魔術師・猛獣といったタイプで分類されて基本アクションが違う他、クールタイム制の特殊スキルを持つ。

 

足は止まるが「双剣乱舞」で超火力を叩き込んだり、「スタン」で気絶後に追撃できたりと非常に強力。一発逆転の可能性を秘めたこの技をどう当てるかが重要だ。

 

 

『Hi Lord』は超気楽に乱闘オンラインを楽しめるのが特徴

 

番号入力すら要らずに即オンラインマップに突入よ。.jpg

 

人気のスマホアプリ「Murderer Online」「Dinos Online」等を手掛ける「1Games」の新作ということで、本作もカオスに楽しめるゲーム性だ。

 

フィールドには試合時間に関わらず常にプレイヤーが滞在&ゲームを進行しており、いつ入っても戦いが起こっている。

 

他者同士の殴り合い中に横入れし、HPが減った敵を漁夫の利でキルするような、乱闘らしい何でもアリなルールが楽しいね。

 

戦略性は 攻めるかor退くか などの2択に絞られがちだけど、敵の技を誘発→空振らせるといったテクニックの応酬はシンプルが故にアツイ。

 

多人数でのリアルタイムバトルとして上手く機能しており、たまに殴り込みをしたくなる面白さだった。

 

 

ドラゴンや骸骨兵が活躍するダークファンタジー

 

 

ジメジメした空気にノスタルジーを感じる。.jpg

 

ヴァニラウェア社の作品を思わせる幻想的な色使いやアニメーションが良い感じ。

 

最初はイラストに見えるけど、実は職人の手で打ち込まれた高解像度ドットという拘りも光ってるね。

 

モンスターの種類も豊富で、一般ステージから高レアキャラがドロップするのは嬉しい。そもそも有料ガチャが無いからね。

 

 

万人には勧めにくいけどハマる人には絶大

 

 

ストーリーも無いし、相性が大切になりそう。.jpg

 

難点として、少々時間が掛かってしまう育成のバランス面がある。一回のプレイで得られる経験値量はごく僅か。

 

とはいえ毎回プレイヤー相手だから異なる試合展開になるので、バトルの周回を楽しめる人なら長続きしそうだ。

 

巨大NPCモンスターを討伐する「ボス」、タイマン対人戦の「PVP」といった別モードも用意されているぞ。

 

 

ゲームの流れ

 

Hi Lord_1.jpg

 

キャラの見本市。こいつらは接近からの連続攻撃が得意なビーストタイプ。

 

基本はタイプ毎にベースとなる通常・回避アクショがあり、残りのスキルやステータスで調整されている。

 

オンライン戦ということでタイマンだけじゃなく乱闘における強さも大事な指標の1つだ。

 

 

 

Hi Lord_2.jpg

 

バトル画面。単調なNPC戦とは違って心理的な戦略も絡むので結構飽きない。

 

ちなみに全く同じ種族のモンスターは他人でも「仲間」として扱われ、お互いに攻撃を受けずに多種族とだけ戦闘できる。

 

実質2体として行動できるから非常に強力。運良くフィールドで見付けたら積極的に共闘しよう。

 

 

 

Hi Lord_3.jpg

 

アイコン専用のチャットを用いればコミュニケーションも取れる。

 

ずっとその場に留まり、動かないと思って油断した相手を返り討ちにするなど騙し合うプレイング楽しい。

 

死んでも復帰が早いから復讐しやすく、負けてもクソーと少し悔しい思いを済むだけ。デメリットほぼ無し。

 

 

 

Hi Lord_4.jpg

 

「ボス」モードは序盤だと敵が硬すぎて何も出来ない。かなりの育成を要求される。

 

「PVP」はプレイング次第でいくらでも勝てる。経験値は少ないがゴールド稼ぎの場として良いかも。相手が見つかりにくいのが難点。

 

 

 

Hi Lord_5.jpg

 

特定のキャラをデッキに組み込むとボーナス効果が発動する。「サイクロプス」はスタン持ちの強キャラで組みやすいから狙いたい。

 

ボリュームが少なくてバトルの繰り返しになりがちな点を除けば、十二分に楽しめそうなアプリだ。

 

この先はアナタの手でプレイしてみてくれ!(お約束)

 

 

『Hi Lord』序盤攻略のコツ。

 

長押しでスキルを見れる。遠距離スタンもあり。.jpg

 

最初に5択から3匹の仲間モンスターを選べるが、最高ランクまで育つ「星2枠」がメチャクチャ大事だ。

 

その他枠より別格に強くてずっと主軸として使えるから、弱ければリセマラを推薦するぐらい。起動後にチュートリアル無しで即表示されるから超ラクだし。

 

オススメしたいのは追加スキル枠に「スタン」効果を持つ重量系キャラ。気絶させて攻撃連打という凶悪コンボでキルを稼ぎまくれるぞ。

 

 

無駄に攻めるより受け身主体で立ち回るべし

 

 

このHP差でも逆転可能だ。.jpg

 

よほど足の速いキャラ相手を除くと逃げる側が有利。逆方向へ回避アクションを混じえながら全力ダッシュしていればまず殴られない。

 

攻撃へ転じる時も相手はずっと追い掛けてくるから、急転換してスキルを放てば勝手に飛び込んできてくれる。

 

ただし上手い相手には先読みして避けられる。一瞬だけ戻るフェイントを入れて回避を使わせるなど「追う」以外の選択肢を減らす動きをしよう。

 

 

ドロップの仕組みを理解して報酬効率アップ

 

 

育てるのは紫枠だけでOK。.jpg

 

クリア時のドロップ枠は戦闘結果に関わらず1分間生き残るごとに追加判定が発生している。

 

時間が長いほど報酬内容は良くなるらしいが、HPが減って戦闘をしない状態で待ち続けるのはビミョー。

 

分単位を超えたら自分からステージを出て回復するのが効率的なようだ。

 

 

 

他にも楽しいゲームが揃っています!

 

アプリゲット編集部からのコメント

 

ノスミス.jpg
ノスミス
横スクロールの平面に収められた対戦アクションが面白い。シンプルな仕様も心理戦で深くなる。

 

 

ノスミス.jpg
ノスミス
バトルを繰り返してチマチマ育成を繰り返すだけのゲーム性に飽きるかどうかが分かれ目。

 

 

記事提供元

 

無料ゲームを探せるアプリゲットアプリゲット
日本最大級のスマホゲームメディア。

 

 

アプリゲットアプリゲットのAndroidアプリはコチラ

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Hi Lord
1Games Hi Lord 無料

ごきげんよう、我が主。成長を積み重ねてプレイヤーモンスターに打ち勝つ横スクロール×乱闘アクションRPG『Hi Lord』

上のQRコードを読み取ってAndroid端末でダウンロード

無料QRコードアプリ