Twitterのリツイートはどう使う?拡散だけでなく自分のためにRTする人もいるらしいぞっ!

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterのリツイートはどう使う?拡散だけでなく自分のためにRTする人もいるらしいぞっ!
引用元:https://moduleapps.com/mobile-marketing/13916rpt/

引用元:https://moduleapps.com/mobile-marketing/13916rpt/

 

先日、こんな興味深い記事を見つけました。

 

最近の10~20代は欲しい情報を都度、検索しない。若年層の中で流行っている情報収集術とは?

 

この記事の中で紹介されていたのですが、Twitterが当たり前という若者は、RTは「周囲への拡散」のためから「自分のための」のリツイートに変わっているというのです!

 

もともとリツイートといえば、

  • この面白い情報をフォロワーに知らせたい!
  • 拡散してほしい情報を応援するためにリツイートしたい!
  • 「#共感した人RT」などハッシュタグに誘導されて

 

という用途がありましたが、自分のためのリツイートってどういうこと!? タイムラインの情報スピードが早い分、自分のためのタイムラインではなくなったというのが多いのでしょうか?

 

今回は【改めて】RTことリツイートについて深掘りしてみたいと思います。

 

 

つぶやきは日記代わり? リツイートも自分のため?

 

あなたは「リツイート」ってどういう用途に使っていますか?

 

私はというと、若者ぶるわけではないのですが(笑)忘れたくない情報をリツイートすることが多いなぁ〜と過去の投稿を見ていて感じました。もちろん、応援目的でのリツイートもよくしますが、「Twitter投稿を日記がわり」にしているようなところもあるかもしれません。「そういえば先月ってどんな記事書いてたっけ?」「この前読みたいと思っていた記事リツイートしてたよなぁ〜」と、自分のプロフィールページで読んだりすることが多いのです。

 

また日記用に「裏アカ」を作っているという人も若者だけでなく30代でも全然います。私は作っていませんが、友人には5つもアカウントを持っているというツワモノも!笑

 

彼女曰く「言いたいことが言えなくてストレスがたまるくらいなら、それぞれ趣味とか言いたいこと別に使い分けた方が楽」とのこと。気軽に裏アカが作れる時代ですから、自分の情報保存用のアカウントを作って自分のためのタイムラインを作るのも便利かもしれませんね!

 

「twilog」※全てのツイートを見るためには会員登録が必要です。

「twilog」※全てのツイートを見るためには会員登録が必要です。

 

ちなみに、日記風にTwitterを読める『twilog』というサービスがあるので、日記みたいにツイッターを使いたいという方は一度お試しあれ。

自分のタイムラインだと日付の区切りがないのでただただつぶやきが並んでいたり広告が間に入ってきたりしますが、会員登録をしなくても過去100件分のツイートを日付順に見ることができるので、最近の出来事でも「あ〜この時こんなことリツイートしていたな」と楽しめます。

 

 

リツイートキャンペーンってどうなの?

 

リツイートといえば、あなたは「リツイートキャンペーン」に参加したことありますか?

 

「このツイートをリツイートした人の中から抽選で●名様にプレゼント!」のようなキャンペーンで、当選者にはキャンペーン主からダイレクトメールが届いてダイレクトメール上でやり取りをして商品をゲットできるという仕組みです。

 

こういったプレゼントキャンペーンを実施しているのは企業アカウントが多いのですが、

  • フォロワーを増やしたい!
  • このキャンペーンをたくさんの人に知らせたい
  • ブランディングとして実施したい

 

などきっかけは様々。最近では、公式アカウントのキャンペーンは怪しくないので、安心して使っている人も多いですよね。

 

個人的なお話で恐縮なのですが、ハライチの岩井勇気さんが好きでして(笑)。先日「アカウントをフォローしてこのツイートをRTしたら抽選で3名さまにハライチ岩井さんのチェキプレゼント!」という企画があったので、参加してみました(以下の投稿を参照)。

 

 

トータル480以上のリツイートをされた投稿だったのですが、なんと! 当選っっっ(笑)。抽選だということでしたが、私のタイムラインが岩井さんのリツイートで埋まっていたことから「この人はハライチの岩井勇気さんが好きなんだろうな」と思っていただけたのかしら? なんて嬉しかったです。いっぱいリツイートしておいてよかった!!

 

まさかこの記事を書いている期間に当たると思っていなかったので、皆さんに紹介したい気持ちと、ちょっと自慢したかったということでお伝えさせていただきました!

 

 

実際、リツイートってどう使う?

 

ここまで、今までと違うリツイートのやり方・リツイートを使った企業キャンペーンを紹介してきましたが、実際リツイートってどうやって使っているのでしょうか?Twitterをよく使う友人に「どんな時にリツイートするか」簡単なアンケートを実施してみました。

 

  • 共感して誰かに伝えたい時
  • 「おもしろい!」と思って(反射的に)リツイートしてしまう
  • 忘れたくない投稿をキープしたい時
  • この情報は!!」とみんなに知らせたくなった時
  • 投稿に対して意見を言いたくなったコト・ネタがあった時

 

とほとんどが、誰かのためにリツイートをすることでした。

 

また面白い調査結果もあったのでこちらでもご紹介しますが、「フェイクニュースの方が7割もRTされやすい」ということもあるようです。

 

マサチューセッツ工科大学メディアラボの研究者が実施した調査で、2016年から2017年にかけて約300万人がシェアした12万6000件の話題を分析したところ、Twitter上では真実の情報よりも嘘の方が7割ほど高い確率で拡散(Retweet)されたそうです。

 

フェイクニュースは真実よりも広がるーー嘘の方が7割もRTされやすいという結果に【調査報告】

 

気軽にリツイートできるからこその結果だとは思いますが、リツイートする際には「この情報は本当?」というのはしっかり確認した上にしたいですね。自分のためにリツイートしていたとしても思わぬ形であなたのフォロワーさんに伝わり、それが拡散される可能性もあるので、リツイートする前にはしっかり確認した上でやりましょう!

 

 

実はリツイートソングがあるんです。その名もRT兄さん

 

ここまでリツイートについて深く考えてきましたが、いかがでしたか?

 

Twitterをどう使うかはひとりひとりの自由ですが、自分のための投稿でも誰かに知ってもらいたい投稿でも、間違えた情報は拡散しないようにしたいですね。また自分のなんでもないつぶやきが、拡散されて大きく大炎上! なんてこともあり得ますので、気軽にできるからと油断せず、しっかり投稿する前には「これは拡散されても大丈夫な投稿かな?」「誰かに迷惑はかからないかな?」と確認してきたいものです。

 

最後にリツイートの素晴らしさを歌ったおしゃれソングがあるので、ご紹介させていただきます。

 

 

これめっちゃおしゃれな曲でしょ?笑

 

でもこれなんと一晩で出来上がったんですよ! 私も当時、Ustreamで見ていて作る過程をウォッチしていたんですが、今でも懐かしくてちょいちょい聞いてしまいます。

 

ということで、こちらの記事面白いと思ったら是非andronaviのツイッターからRTしちゃってくださいね♪なんちゃってっ!!

 

  • list
  • このエントリーをはてなブックマークに追加