スマホでできるキャッシュレス決済。消費税増税でポイント還元されるのはコレだ!

09-10_pp2018年12月、100億円あげちゃうキャンペーンという大きなアドバルーンを上げた「Paypay」の登場で一気に世間の関心を集めたキャッシュレス決済。多数のサービスがあるなかで、ここでは消費税増税に際し、ポイント還元の対象となる3つのスマホのキャッシュレス決済をご紹介します。

 

QRコードで読み取るスマホ決済が主流に

 

財布からお金を出さずに支払いできるキャッシュレス決済。Suicaのように端末にかざすものもありますが、最近はスマホのQRコードを表示して読み取ってもらう決済が増加中。財布を出さずにサッとお会計。スマートです。

 

そんなキャッシュレス決済での商品購入やサービス利用で最大5%のポイント還元が、今年2019年10月に控える消費税増税のタイミングで実施される予定です。

 

スマホのキャッシュレス決済からは、2018年12月時点で「LINE Pay」「PayPay」「Origami Pay」の3つが内定しています。これらのサービスについて解説します。

 

 

LINEアプリから手軽に使える『LINE Pay』

 

先日、Visaとの提携により、タッチ決済機能搭載のクレジットカードを発表。今もっとも勢いのあるキャッシュレス決済ではないでしょうか。何より『LINE』アプリから使えるのが魅力。改めて会員登録をする必要がないので、スマホでキャッシュレス決済デビューをするには最適といえます。

 

 

『LINE Pay』のサイトTOP画面(左)『LINE』アプリの「LINE Pay」画面(右)

『LINE Pay』のサイトTOP画面(左)『LINE』アプリの「LINE Pay」画面(右)

 

ファミリーマートやLOFTに、居酒屋チェーンなど、大手を中心に利用できる店舗数が豊富です。使えば使うほど還元率が上がったり、最大20%還元のキャンペーンがあったり、お得度も高いです。

 

 

アプリ上でチャージが可能。選択肢がいくつかある(左)利用することでランクアップし、ポイント還元率が変わる(右)

アプリ上でチャージが可能。選択肢がいくつかある(左)利用することでランクアップし、ポイント還元率が変わる(右)

 

 

利用は、『LINE』の「ウォレット」から「LINE Payをはじめる」で規約に同意するだけ。あとは銀行口座やコンビニからチャージをすればOK。なお、クレジットカードからはチャージできません。LINEコインはクレジットカードでチャージできるのでPayでもできると思いましたが、別物でしたね。

 

 

家電量販店での利用が魅力『PayPay』

 

記事冒頭にも書いた通り、とてつもないキャンペーンで鮮烈デビューを果たした「Pay Pay」。今もCMでよく見ますよね。クレジットカード問題があり、登録に二の足を踏んでいる方も多数いると思います(自分もです)が、2019年1月21日にクレジットカードの本人認証サービスを導入しました。

 

 

『PayPay』のサイトTOP画面(左)『PayPay』アプリの新規登録画面(右)

『PayPay』のサイトTOP画面(左)『PayPay』アプリの新規登録画面(右)

 

ビックカメラやヤマダ電機といった家電量販店で利用できるのが利点。『LINE Pay』と同じくファミリーマートでも使えますし、ピザーラのような宅配チェーンで使えるのも便利です。以前ほどではないですが、『PayPay』で支払うことで0.5%がポイント還元されます。

 

 

新規登録で500円相当のボーナスがもらえる(左)支払い方法にクレジットカードもある(右)

新規登録で500円相当のボーナスがもらえる(左)支払い方法にクレジットカードもある(右)

 

アプリをダウンロードし、電話番号・パスワードを設定するかYahoo!JAPAN IDでログインします。支払いは銀行口座でチャージするか、登録したクレジットカード、Yahoo!マネーで行います。支払い方法が選べるのはありがたいですね。

 

 

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

Google Playからダウンロード

 

App Storeからダウンロード

 

 

 

加盟店10万店へ。幅広いジャンルで利用できる『Origami Pay』

 

2016年から提供している、スマホ決済のパイオニア。地方の銀行や信用金庫、自治体との提携に積極的で、地方のキャッシュレス決済拡大を目指しています。個人的にはECサービスのイメージがあったので、いつの間に!?という印象です。

 

 

『Origami Pay』のアプリ画面(左)『Origami Pay』のブラウザ画面(右)

『Origami Pay』のアプリ画面(左)『Origami Pay』のブラウザ画面(右)

 

 

全国の加盟店10万店を目指し、利用できる店を続々と増やしています。ローソン、百貨店やセレクトショップなどジャンルも多岐にわたります。「オリガミで、半額。」キャンペーンを定期的に行い、吉野家の並盛一杯半額や、ディーンアンドデルーカで支払うと半額を実施。2019年2月にはケンタッキーフライドチキンでも実施を予定しているそう。

 

 

『Origami Pay』のブラウザ画面(左)クーポンも充実(右)

『Origami Pay』のブラウザ画面(左)クーポンも充実(右)

 

 

利用方法は、アプリをダウンロードしてアカウントを作成。そして、銀行口座やクレジットカードを登録するだけ。会員登録やカード手数料が無料なのもうれしいです。セキュリティレベルの高さをアピールしているのもポイントです。

 

 

さいごに

 

スマホでできるキャッシュレス決済も多種多様ですが、支払い方法はどれもほぼ同じ。QRコードを見せて読み取ってもらうだけです。「○○で払います」というのがちょっと恥ずかしいかもですが、SuikaやIDなどを使っている人だと違和感はないでしょう。

 

あとは、セキュリティは大丈夫か、どこで支払えるか、など本記事を参考にしつつ、自分に合うサービスを決めてみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください。