容量10,000mAhなのに小さい!軽い!究極のモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」

Anker PowerCore 10000 Redux

スマホのバッテリーでお馴染みAnkerの新型モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」を入手したのでレビューしたいと思います。

 

 

 

特徴はなんと言ってもそのサイズ感!以下の画像を御覧ください。

 

Anker Astro E1(上)とAnker PowerCore 10000 Redux(下)

 

コンパクトなモバイルバッテリーで有名な「Anker Astro E1」と比較してみました。

 

両バッテリーを重ねた所。サイズ感はほぼ同じで容量が倍

 

重ねてみてもこの通り、大きさはほぼ変りません。これで容量差がほぼ倍という…技術の進歩ってすごいですね。

 

ちなみに重さですが、実はサイズの割に重い…という事はありません。

 

「Astro E1」が約125gに対し、「Power Core 10000 Redux」は約184gと若干重い程度です。素晴らしい…。

 

大容量のモバイルバッテリーを持ち歩きたい!という方には「Power Core 10000 Redux」を強く押すすめします。

 

 

続いて商品パッケージ。いつもどおりシンプルです。

 

Anker PowerCore 10000 Reduxの商品パッケージ

 

同梱物はマニュアル、USBケーブル(MicroB型)、トラベルポーチです。

 

同梱物一式

 

トラベルポーチはバッテリーとケーブルをまとめて鞄に入れておくのに便利です。

 

文字通り持ち歩きに便利なトラベルポーチ

 

次はバッテリー自体です。上部に5v/2.4まで出力可能なUSB口と電池残量確認用ボタン。

 

本体上面にはUSB口と電池残量確認用ボタン

 

ボタンを押すと右側面にあるLEDランプ(4段階)が青く光ります。

 

少々見えづらいが右側面に充電確認用のLEDランプ

 

左側面にはバッテリー充電用のUSB口があります。

 

左側面にバッテリーの充電口

 

ちなみに本バッテリーにはBluetoothのイヤホンを充電できる低電流モードを搭載しています。

 

切り替え方は、電池残量確認ボタンを2回ポチポチ押します。LEDランプの右端が緑に光れば低電流モードです。

 

10,000mAhの大容量でこのコンパクトサイズ。何かあってもスマホを2回はフル充電できるのでぜひ1つ鞄にいてれ持ち歩いてはいかがでしょうか?

 

こちらの記事もご覧ください。