5Gで世界が変わる!5Gで実現する未来やリスクとは

5Gで世界が変わる!5Gで実現する未来やリスクとは

スマホをめぐる環境は年々、変化しつつあります。2020年には新たに大きな変化の波がくるでしょう。なぜなら、4GやLTEの次世代である5Gの商用サービスが2020年に始まるからです。

新たな無線通信技術5Gにより、世界はどのように変わっていくのか。実現する未来だけでなく、考えられるリスクまでご紹介します。

次世代のモバイル通信規格「5G」とは

 

5Gとは2020年より新たにサービスの提供が始まる、第5世代移動通信システムのことです。GとはGeneration(世代)の略からきています。

5Gは4GやLTEより優れる新たな移動通信システムで、アメリカや韓国では2018年中にサービスの提供が開始。日本は一足遅く2020年にサービスの提供が始まります。

 

新たな第5世代移動通信システムの主な特徴は次の3つ。

・高速なうえに大容量

・タイムラグの小さい通信

・多数同時に接続できる

 

4Gで最大毎秒20ギガビットのところ、5Gではその数十倍〜100倍の速度、さらに通信の遅れは1千分の1秒です。

以前より早くデータ通信が可能となり、容量も大幅にアップ。タイムラグも極めて小さく抑えられるため、多くの可能性を見出すことができます。

 

 

5Gで実現する未来!スマホやITはどうなっていくのか

 

5Gを活用することで今後、通信事業がさらに成長しサービスも拡充していくでしょう。モノと人との繋がりが増え、今までの通信では成し得なかったサービス展開も可能になります

例えば、スマホやPCのデータ通信の速度や情報量が増えるため、さらに高精彩な映像を観ることが可能です。これにより、モニター越しのやり取りであるTV会議や中継などがより身近なものとなります。

またIoTが急速に発展し、スマホを含む身の回りのモノの多くがネットワークにつながっていきます。それぞれつながったモノ同士がお互いに作用することで、利便性が高まり快適な生活を実現できるようになるでしょう。

 

 

5Gを導入していくうえで考えられるリスク

 

 

すでに国や通信業界が動き出し、多くの可能性あふれる未来へと進みはじめています。しかし、新技術や利便性にはリスクはつきもの。

5Gを取り入れていくうえで、考えられるリスクは次の3つです。

 

・収益を得られるか不明確

・電波の人体への影響の懸念

・セキュリティ面での不安

 

新技術で4Gに勝る特徴があったとしても、消費者の需要が見合わなければ収益は得られません。サービスを展開していくうえで、採算の取れる収益を得るには消費者に5Gの価値を見出してもらう必要があるでしょう。

また電波の人体への影響について明確になっていないため、健康面でのリスクが残されています。さらに、多くのモノがつながるようになることで、サイバー攻撃の被害が大きくなるリスクも。1つのモノが被害に遭うことで、つながっていた多くのモノにも影響が出るのです。

 

 

5Gにより人々のライフスタイルも変化していく

 

5Gにより人々のライフスタイルも変化していく

 

リスクが残るものの、日本を含む世界の国々がアメリカに追従し、5Gが世界に浸透していくでしょう。新技術により新たなコンテンツやサービスが生まれ、モノの利便性は高まっていきます。

スマホも消費者のニーズに応え、消費者が望むライフスタイルに貢献できる機器へと進化していくことでしょう。

こちらの記事もご覧ください。