RPAってなに?巷で話題の業務効率化。導入でコスト削減・社員の活用へ!

RPAってなに?巷で話題の業務効率化。導入でコスト削減・社員の活用へ!

 

 

業務効率化の話をする際にRPAという言葉が頻繁に出るようになりました。

単純作業に割く人件費やコストを削減でき、より利益を生み出す方向にリソースを回すことができるのが魅力です。

RPAとは何か、ご紹介します。

 

RPAは誰がどこで使用するのか

RPAは誰がどこで使用するのか

RPAは「Robotic Process Automation」の略で、ロボットによって作業を自動化するということです。

主にオフィス内のパソコンで、これまで人が行なっていた単純作業に利用されます。いわゆるタスクと言われるようなルーティン作業です。

例えば

  • ファイルのフォルダ分け
  • webサイトを巡回して画像の抽出
  • 書類から別の書類へのテキストのコピーペースト
  • 決められたフォルダの書類の印刷

などが挙げられます。

要は誰がやっても変わらない作業だが、時間と労力はかかるようなルーティンに適用できるのがRPAなのです。

RPAはデスクトップ上で動くので、はたから見ると誰もいじっていないパソコンが勝手に作業をしているように見えます。

これまで工場や倉庫などの生産現場や在庫管理の現場ではロボットによる自動化が進んでいましたが、オフィス内の作業にはこのようなロボットによる自動化は行われていませんでした。RPAはオフィス内の業務効率化に大きな期待が寄せられています

RPAはAIとは違う

RPAはAIとは違う

ロボットというと「AIってこと?」と考える方も多いかもしれません。RPAはAIとは異なります。

AIはディープラーニングといって、学習をすることでどんどんできることが増えていき、正確性が向上したり応用が利くようになります。

しかしRPAは学習をすることはできません。指示された単純作業をすることしかできませんので、微妙な判断力が必要になる作業には向きません。作業の法則や指定条件がはっきりしている作業に適用するのが良いでしょう。

RPA導入で成功した事例

RPA導入で成功した事例

RPAは単純作業であれば人間の3倍の速度で可能と言われています。さらに、人間が1日8時間の作業が限界のところを、RPAであれば24時間稼働できるので単純に作業効率は9倍になるのです。

例えば、三菱UFJグループはRPAの導入により20業務で合計20万時間の作業の自動化に成功しました。楽天カードにおいては200種類の作業をRPAに転換し、従来の1/4の作業時間を実現しています。東京都葛飾区では外部職員給与の支払いに関する源泉徴収証の発行業務にRPAを導入し、年間444人分の業務を削減できたということです。

まとめ:RPAを導入して、社内のリソースを有効活用

まとめ:RPAを導入して、社内のリソースを有効活用

RPAを導入することでこれまで単純作業に割かざるを得なかった人員を、より利益を生み出す業務に割くことができます

また、外注や派遣社員に頼っていた分のコストも削減できますので、業務効率化をするならまず検討すべきテクノロジーなのです。

こちらの記事もご覧ください。