【FAQ】『Google Earth』でゲームができると聞いたのですが!

Q:『Google Earth』でゲームができると聞いたのですが!

A:2019年3月13日からかなり懐かしいあの「カルメン・サンディエゴ」が遊べるようになっています!

2019年3月13日から『Google earth』でゲームができるようになりました!といっても恒常で遊べるコンテンツというわけではなく、期間限定のコラボイベントのようなものです。

遊べるゲームは「カルメン サンディエゴ」。1985年にアメリカのブローダーバンド社が発売した地理をテーマとした教育ゲームです。

ゲームの内容は、プレイヤーは刑事となり怪盗サンディエゴを追って世界中を飛び回り追跡するというもの。

行く先々でサンディエゴの行き先のヒントを教えてもらえるのですが、ヒントの内容が地理・歴史・国語など様々な知識が必要なので自然と勉強ができる…というものでした。

ちなみに筆者は小学生の頃に学校に導入されたMS-DOSで同ゲームを遊んでいました。

昔の話はさておいて、『Google Earth』の「カルメン サンディエゴ」の遊び方です。

画面左下のコンパスアイコンの上にあるアイコンをタップするとゲーム開始です。

コンパスの上にサンディエゴのアイコンが!

やることは2つ聞き込みと移動です。虫眼鏡で現地の人に聞き込みを行い、得た情報から「サンディエゴ」の行き先を推理して飛行機で移動しましょう。

UIも昔懐かしいシンプルなドットアイコン!

飛行機での行き先は複数表示される。聞き込みで得た情報から推理して的確に移動しサンディエゴを追い詰めよう。

「サンディエゴ」を見つけると演出カットが表示される

間違えても即ゲームオーバーにはならないのでご心配なく!昔はミスするとほぼ終わりだった気がする…

今回の「戴冠用宝玉盗難事件」は第1弾だそうです。2弾、3弾とサンディエゴが何を求めどこに行くのか?続きが楽しみですね!

こちらの記事もご覧ください。