子どもがYouTubeにハマった!YouTube kidsの機能を活用してリスクを抑える方法

動画

子どものYouTube視聴はどのアプリで見せていますか?
親である以上、可愛い我が子に不適切な動画を見てほしくはないですよね。

子どもがYouTubeにハマって動画を延々と見続けているため、対策をしたい。
まだ子どもが幼いため、不適切な動画を見られないようにしたい。

そんなあなたへ、子どもの視聴を制限する機能があるYouTube kidsの利用についてご紹介します。

YouTube kidsの機能を活用することでリスクを抑えられ、子どもの動画視聴がより安全で安心なものになりますよ。

子どもにYouTubeを見せるなら「YouTube kids」

kids

子ども向けのYouTube kidsとは

YouTube kidsとは子ども向けに開発されたYouTube視聴アプリです。子どもの目線で考えられたデザインのため、子どもにとって見やすく分かりやすいYouTubeになっています。

子ども向けのYouTubeコンテンツのみ視聴可能で、動画リストも子ども向け動画を優先。

しまじろうや妖怪ウォッチ、LEGOなど人気のアニメから、昔ばなしや絵本の読み聞かせ動画も充実。さらに、歌や乗り物、工作など子どもが喜ぶ動画も視聴できるのです。

お母さんにわかりやすいYouTube kidsの使い方

お母さんが安心できる初期設定の方法

1.YouTube kidsをインストール後、さっそく起動

YouTube1

2.保護者の生年月日の入力

YouTube2

3.コンテンツの確認

YouTube3

4.子どもについての設定を行う

Googleアカウントでログインすることで、子どものプロフィール設定が可能

YouTube4

5.検索機能の設定

YouTube5
sukusho

ハマりすぎている子どもが心配!そんなときの設定や制限の方法

子どもが不適切動画で傷つかないための機能設定

不適切動画から子どもを守るために、YouTube kidsの機能を活用しましょう。
子どもが使うために知っておきたい設定は、次の3つ。

  • 検索機能のオンオフ
  • 時間制限を設けるタイマー機能
  • 不適切動画を見れなくするブロック機能

検索機能のオンオフは保護者が初期設定を行う際に、設定できます。もちろん、後で設定を変えることも可能です。

ホーム画面の右下にある南京錠マークが設定画面への入り口。求められるパスワードを入力すると、タイマー機能の設定や、各種細かい設定ができる管理画面にも行けるようになります。タイマー機能は1〜60分の間で設定が可能です。

万が一、不適切な動画を発見した場合は動画の右上にある点が縦に3つならんでいるボタンから、ブロックもしくは報告をしましょう。

なにごとも”適度に”が大切

子どもがYouTubeの動画に夢中になる気持ちは良くわかります。しかし、なにごとも適度にが大切ですよね。

YouTubeにハマってしまった子どもには、YouTube kidsで保護者の制限と管理のもとで動画視聴を楽しんでもらいましょう。

こちらの記事もご覧ください。