あのバブルから一年、普及し始めたブロックチェーンサービスは?

ブロックチェーン=仮想通貨というイメージをお持ちの方は多いはずです。億り人という言葉に代表されるように、仮想通貨は投機の対象としていわばギャンブル的な、胡散臭いイメージがついてしまいました。2018年初頭の暴落で仮想通貨は終わったという声が聞かれますが、本当にそうなのでしょうか。否、仮想通貨の基本的なシステムであるブロックチェーンは普及が始まっています。

ブロックチェーンとは何か

仮想通貨が採用している決済の仕組みをブロックチェーンと言います。しかし、ブロックチェーンは仮想通貨だけしか使えないわけではありません。ブロックチェーン自体を活用することも可能です。ブロックチェーンを活用することでのわかりやすいメリットとしては、直接取引が可能なことがげられます。直接取引とはネット上で個人間の送金や個人情報の反映を行うことです。

これまで人に直接お金を渡すには対面で手渡しするしかありませんでした。直接会わずに送金するには銀行のような金融機関を介す必要があるわけですが、送金可能なのが銀行の営業時間内だったり、国際送金の場合は高額な手数料がかかったりと、個人の利便性や自由度はあまり高くありませんでした。ブロックチェーンの活用によって高速な直接送金が可能になったのです。

Money Tap

ブロックチェーンを使った送金用アプリとしてSBI Ripple Asiaが開発したMoney Tapがあります。

Money Tapに対応している銀行間であれば異なる銀行間でも24時間365日送金可能です。現在住信SBIネット銀行やジャパンネット銀行のようなインターネット専用銀行であれば24時間365日の送金・着金が反映されますが、その他の主要銀行では営業時間内に手続きをする必要がありました。それがMoney Tapによって解消されます。現在の対応銀行は住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行の3行ですが、これから対応銀行は拡大することが予想されます。

また、画期的なのが、相手の口座番号を知る必要がなく、QRコードや電話帳から選択するだけで送金が可能な点です。また手数料も無料か非常に安い内容で、利便性の上でもコストの上でも非常に使い勝手のいいアプリとなっています。

SBI Ripple Asiaはリップルの送金システムを活用しアジア全域のFintechをリードしています。Money Tapのような使い勝手のいいアプリの普及が進めば、Fintechの浸透の一助にもなるでしょう。

ALIS

ALISは国産ブロックチェーンSNSの代表格です。ブロックチェーンSNSとはブロックチェーンの仕組みで作られたSNSで、特徴としては情報の改ざんができず全て記録されることが挙げられます。具体的なメリットとしては情報に明確な価値をつけることが可能になるのです。それは、読者からいいねやコメント、投げ銭をもらえれば、仮想通貨ALISがもらえるという形に発展しています。これまではブログやサイトを訪問した読者は広告を踏むことでサイト運営者にお金を落としていましたが、ALISのようなブロックチェーンSNSではブログが面白ければお金がもらえるという形になっているのです。

ブロックチェーンの活用は幅広い分野で可能

ブロックチェーンは金融分野以外でも、輸送、医療福祉、エンターテイメント、アートなどかなり幅広い用途で活躍が期待されています。気づかないところでブロックチェーンの導入は進んでいるのです。

こちらの記事もご覧ください。