ジメジメの季節がやってくる! あなたのスマホの衛生事情は大丈夫?

キレイに見えるそのスマホ。最後に掃除したのはいつですか?

ギクッ!!

枕もとに置いたアラームで目を覚まし、お風呂にも持って行ってラジオを聞きながらシャワーを浴びて、仕事中はもちろんおやすみの日も、移動中も常に一緒。でも、ちゃんと拭いてあげたりしたことってあんまりない。指紋が目立ってきたら、メガネ拭きでちゃちゃちゃと拭き取るくらいしかしていなかったし、スマホケースも買った時からずっと変えていない。。。

ここでは見せられませんが、久しぶり(多分1年以上ぶり)にケースを外してみたら、チリが隅っこにたまってて思わずギョギョギョ!! と言ってしまいました。

あなたのスマホは大丈夫? そこで今回は、雑菌が繁殖しやすいジメジメの季節がやってくる前にやっておきたいスマホの衛生事情についてお伝えしていきます。

便器より汚いのか問題について

どうしてこんなにスマホが汚れるのか? それは簡単! 汚れる場所にスマホもあるから!

  • トイレの中にスマホを持って行って触る
  • ポテチを食べながらスマホを触る
  • ポッケに入れながら外出する
  • 布団においておく

などなど、ホコリはもちろん目には見えない食べかすや菌も一緒にスマホについてくるから。一時期「便器よりも雑菌がある!」と話題になっていましたが、基本的に菌が繁殖するためには90%以上の湿度が必要なので、スマホの表面が濡れていなければ菌は死滅しちゃうそうです。

しかーし!

「清浄度検査ツール」というどれくらい汚れているかを調べられるツールを使って月刊SPA!の記者さんが調査したところ(2016年の記事です)、以下のような結果が出ていました。

便座:753
電車のつり革:1813
スマホ:3844
ネットカフェのキーボード:16908
※ 素手の衛生基準値の目安が1500

「スマホの画面はトイレの便座より汚い」は本当か!? 清浄度検査ツールで測ってみた/月刊SPA!

マジで!!

がっつり汚れているではないか~! あまり除菌! 除菌! と騒ぎ立てるのは好きではないのですが、これは結構な数値ですね。0の世界に行ったらそれこそ気が狂ってしまいそうですが、3844かぁ~(笑)。とりあえず除菌シートで拭いておこう。

最新の除菌アイテムをご紹介!

もうこんな汚いスマホ使えないわ!

なんてお嬢さん、ちょっと待ったー! 毎日使うスマホをキレイに除菌してくれるアイテムが出たんです。それが、スマートフォンUV殺菌器「Dr.カプセル」です。

こちらは5分でスマホに付着した雑菌を99.9%殺菌してくれるというすぐれもの。私は、除菌シートで拭くだけでもなんとなく気持ちが晴れたのでこの商品は購入していませんが(笑)、気になる方はぜひお試しあれ! お値段も3000円前後なので、お試しにはちょうど良い価格ですよね。

ちなみに、iPhoneユーザーの方で、スピーカー部分の掃除したいんだよな~という方いませんか? 私のiPhoneを見ていただくとわかるかと思うのですが、柔らかい歯ブラシなどでキレイにできるそうですよ!

小さな穴にゴミがつまってるぅ〜〜!

ただし、強くこすることで端子の内部を傷つけることもあるそうなので、無理にゴシゴシするのはやめておいた方が良さそう。また、エアダスター等を使った掃除方法もいくつかのサイトで紹介されていましたが、こちらも精密機器のスマホに使うのはあまり推奨されていませんでした。スマホ掃除のサービスとかあったら繁盛しそうなのにね! 誰かやりませんか? もしくはやっているところ知りませんか? すぐ使いたいです!(笑)

ちょっと待って、スマホだけじゃなくてPCとかも除菌した方よくない?

こうやって記事を書きながら思ったことがもうひとつ。

手を使っているよね、私のパソコンって。。。。

ジュ87羽yhgbghytd瀬rthl;・56789p;。、mjんhvcxdfgh、_」:;lん
(取り急ぎ、除菌シートでキーボードを吹きました(笑))

気にしすぎってあまり良くないですが、気にしさなすぎも如何なものかと今回すごく感じました。スマホも毎日寝る前に除菌シートで一拭きするとか、PCも仕事を始める前にエアダスターでたまっているチリやゴミを吐き出してから使うとか、日々のルーティンのなかに「除菌」することを入れてもいいかもしれません。

それに、スマホやPCだけでなく、キレイに見える冷蔵庫の中とか、洗濯槽の裏とか、風呂釜の中とか、靴の中とか、、、ぎゃ~! 想像しただけで今すぐ掃除したくなってきちゃう!(笑)

しかしながらどうもがいてもこの世から菌は無くなりませんので、上手に付き合える方法、そして何より自分が納得した上で、他の人に迷惑がかからない状態にしながら生活したいですね。これから湿度も高くなり、ジメジメした日が多くなりますので、どのように対策しておくかちょっと考えておくことで、自分自身の健康管理にも繋げたいものです。

こちらの記事もご覧ください。