GoogleがStadiaを発表!ゲームの形を一変させるクラウドゲーミングとは

今後ゲームの形を変える可能性がある動きとしてクラウドゲーミングの開発が加速しています。現在、正式サービスとしてインしているのはソニーのPlayStation Nowくらいで、他はまだベータ版だったり開発中だったりしますが、つい先日Googleが開発するクラウドゲーミング「Stadia」を発表しました。スマホゲームの台頭、e-sportsの隆盛、クラウドゲーミングの登場とゲームは激動の時代を迎えています。

これまでのゲームはデバイス上で全て操作していた

現在ゲームといえば、スマホやPCにゲームをインストールして遊ぶタイプのゲームが人気です。また、従来型のゲームのハードとソフトを購入して遊ぶタイプのゲーム機もまだまだ主流です。

しかしどちらのゲームにしても、スマホやタブレット、PC、ゲームソフト機の中にあるゲームプログラムを動かして、ゲームをするということには変わりありません。スマホゲームの場合はゲームをインストールするという方法でこれを行います。もちろんゲームの遊んだデータなどはクラウド上に保存されたりするわけですが、ゲーム自体はあくまでデバイス上で行うのです。

いわゆるブラウザゲームと呼ばれるものも、PCやスマホのブラウザ上でゲームを操作していることは変わりません。

このように、これまではゲーム自体を自分が保有しているマシン上で操作するというスタイルでした。これがクラウドゲーミングの登場で変わるのです。

クラウドゲームはゲームのインストール不要

クラウドゲーミングは、いわゆるゲームをストリーミングするということです。

たとえばYouTubeのストリーミング再生というのは、実際にユーザーのスマホやPCに動画のデータが保存されるわけではなく、その都度データを受信しながら再生を行うというものです。それをゲームで行おうということです。

これを行うためには非常に高速かつハイスペックなネットワークの仕組みが必要になります。ゲームをストリーミングで行おうとなると、ゲームの動きを再生するための通信以外に、ユーザーの操作した動きをアップロードする通信も必要になります。クラウドゲーミングを行う上で、この上りと下りの通信の接続の速さと安定性は必要不可欠であり、速度が遅くてたびたび止まるではまともなサービスになりません。

こういった技術障壁の高さもあり、なかなか今に至るまで大々的なサービスインを行なっている会社はありません。ソニーのPlayStation Nowは日本で遊べる数少ないクラウドゲーミングのサービスですが、月額20ドル(日本向け2,315円)というなかなかいいお値段です。

クラウドゲーミングにおいては、クラウド上にあるゲームの仮想マシンをユーザーが専用のコントローラーで操作し、画面にはその結果がリアルタイムで流れるということになります。つまり、画面はあくまで文字通りモニターに過ぎず、データの負荷はあなたの持っているデバイスにはかかりません。これはゲーム動画のシェアやマルチプレイ、さらにはe-sports大会でのゲームの使用においては非常に大きな利点があります。

Stadiaについて

StadiaはGoogle社が発表したクラウドゲーミングです。2018年5月7日に開催されたGoogle I/O 2019の会場でも体験できるスペースが設置されました。

専用のコントローラーをWifiで直接ゲームのクラウドに接続し、PC画面やTV画面でプレイがストリーミング再生されます。クラウド上で動いているとは思えないくらい反応は良好ということです。

ゲームの課金システムも一変させるかも

クラウドゲーミングが主流になった時には、1タイトルずつの購入ではなく、月額でクラウドゲーミングサービスのゲームを遊ぶというスタイルに変わる可能性があります。ゲーム会社の収益モデルも一変するでしょう。

こちらの記事もご覧ください。