【FAQ】システムUI調整ツール、Android 8.0や9.0で使えないんですか?

【FAQ】Android 8.0や9.0で「システムUI調整ツール」って使えないんですか?

Q:Android 8.0や9.0で「システムUI調整ツール」って使えないんですか?

A:通常の方法ではできませんが、裏技としてとあるアプリを経由すると利用できます。

Android6.0、7.0に搭載されていたステータスバーなどを微調整できた「システムUI調整ツール」。

Android8.0や9.0では、しれっと起動できなくなっており、機能自体がオミットされたと思われていました。

しかし、実際は起動方法がなくなりアクセスできなくなっただけで、AndroidOSから削除されたわけではない模様です。

今回は、そんな隠し機能になった「システムUI調整ツール」の起動方法と機能についてです。

早速ですが起動方法です。まずは『QuickShortcutMaker(ショートカットツール)』をインストールします。

アプリを起動させ「アクティビティ」の項目を下へスクロースし、「システムUI」から「システムUIデモモード」をタップします。

「システムUI」から「システムUIデモモード」を起動させよう
「システムUI」から「システムUIデモモード」を起動させよう

項目が多くてスクロールが大変という方は「キーワード絞り込み」から「システム」と入力すると楽ですよ。

続いて中央付近にある「起動」をタップします。これで「システムUI調整ツール」が起動します。

端末によって調整できる項目はことなる
端末によって調整できる項目はことなる

端末によって調整できる機能はことなりますが、おおむね「ステータスバー」「マナーモード」に+αといった感じのようです。

通常は常時表示されているアイコンの非表示が可能
通常は常時表示されているアイコンの非表示が可能

「ステータスバー」では、その名の通りステータスバーに表示されるアイコンのON/OFFや電池・時計の表示を変更できます。

以上が「システムUIツール」の起動方法と設定項目です。

なお端末によっては、端末メーカーが機能を削除していて、アプリに項目がなかったor起動しないという場合があります。その場合は…残念ですが諦めましょう。

こちらの記事もご覧ください。