令和で変わったOS周り!令和便乗ネタもひと段落

元号が令和に変わってからそろそろ1ヶ月が経過しようとしています。元号が変わることによって書類の表記を変える必要が生じたり、PCの設定はどうなるのかといった業務上未知の部分に不安を覚える方も多かったようです。また、新元号の発布に合わせた様々なキャンペーンが乱立しました。

令和元年5月末現在で、令和に関する狂想曲はほぼ落ち着いたと言って良いですが、Microsoft関連で動きが多少あります。

Windows10が令和表示に対応

Windows10は最新バージョンの1809で、5月1日から令和表示に対応する更新プログラムを開始しています。これによってMicrosoftのサポート中のOSは令和表示が全て可能になったことになります。

Windowsのデフォルト設定だと画面右下の日付は西暦表示なので、更新プログラムをインストールしても目に見えた変化はありません。令和表示になったか確認するためには「日付と時刻の調整」から表示形式を和暦に設定する必要があります。

他のOSに関してはMAC OSもすでに令和表示に対応しています。iOSに関しては、「言語と地域設定」から和暦を選択しても平成と表示されるので、まだ令和対応はされていません。

AndroidにはそもそもOSに和暦を表示する機能はありません。

Excelも令和に対応したが…

Excelのセルで西暦入力した日付をセルの書式設定から令和に変えることもできます。設定画面では和暦が平成で表示されますが、和暦表示を選択すると2019/05/01以降の日付は令和に変換されます。

一つ問題があります。現在は令和元年ですが、Excel上は令和1年と表示されてしまうのです。これを正式な令和元年表記にするには、Excelの条件付け書式から「2019/05/01〜2019/12/31の和暦表示は令和元年と表示する」という設定をしなければなりません。

令和ネタは一段落

「新元号を当てたら◯◯万円!」「新元号を当てたら商品プレゼント!」的なキャンペーンが3月下旬まで多くの企業で開催されました。また、新元号「令和」発表後は全国の「令和さん」探しや、令和スイーツ、令和記念セール、ポイント還元など便乗した商法等が巷を賑わせました。

5月末現在、令和にちなんだキャンペーンはほぼ終了しているようです。2019年2月頃からゴールデンウィーク明けまで令和に関して大きく盛り上がりましたが、熱が冷めるのも意外に早かったように感じます。元号が日常に馴染んだということなのかもしれません。令和の世が平穏無事でありますように。

こちらの記事もご覧ください。