スマホ版で比較!GoogleドキュメントとWordの違いは?

webや制作系のお仕事をされている職種の方には、Googleドキュメントの使用が相当一般的になっています。しかし、営業やあまりwebに詳しくない方の場合、「Googleドキュメントって何?文書作るのはWordだろ?」という方もまだまだ多いです。今回はスマホ版のGoogleドキュメントとWordを比較して、それぞれの強みを分析してみます。

そもそもGoogleドキュメントとwordは何が違う?

そもそもPC版にしてもスマホ版にしてもGoogleドキュメントとWordには明確な違いがあります。

Googleドキュメントは複数人での共有を前提にしたクラウド上にあるドキュメントアプリです。Googleのアカウントを持ち、該当のGoogleドキュメントのURLを知っている人なら誰でも閲覧できます。権限をもらえれば編集も可能です。保存も自動で行われます。

Wordはもともとファイル共有が前提というわけではありません。PC等のデバイス上でファイルを作成し、名前をつけて保存をするというドキュメントアプリです。これまでは他人と共有するためにはメールでWordファイルを送信したり、共有フォルダにファイルをアップロードしたりする必要がありました。

文書アプリとしてできることはGoogleドキュメントもWordもほぼ同じです。基本的なテキスト編集機能はもちろんグラフや表、画像の挿入も両方のアプリで可能なので、どちらを選ぶかはオンラインで使うかオフラインで使うか、文書のファイル形式の指定があるかどうかなどが鍵になります。

Googleドキュメントのスマホ版

Googleドキュメントのスマホ版は、PC版の簡易版です。グラフの挿入はできませんが、文書の編集や画像挿入に関しては不便はありません。スマホの画面上で行うには機能が多すぎても使いづらいのでこれくらいが妥当でしょう。PC版で作った文書を確認・修正する用途に加え、テキスト・画像のみでの文書の作成にオススメです。

ネットに繋がっている場所ならばいつでもスマホで文書を取り出せ、編集できます。Wordファイルとして保存することも可能です。ネットがない場所では使えないのがデメリットです。

Wordのスマホ版

Wordのスマホ版はできる機能はPC版レベルで多彩です。グラフの追加等もできるので、PCと同じ作業をスマホでしたいという方にはオススメです。とはいえ、スマホの画面では操作しづらいのでタブレットの使用が現実的でしょう。テキストの修正程度ならスマホのWordでも便利です。

GoogleドライブやDropboxに入れたWordファイルの編集もできるのでオンラインでの共有もできます。また、スマホ版だと基本設定の状態でファイルの保存は自動で行われます。さらに保存した文書はセブンイレブンのnetprintで外出先で印刷できます。

手軽さでいうとGoogleドキュメント、印刷前提ならWord

スマホ版の両アプリはクラウド上での共有も可能ですし、どちらも便利です。操作の簡単さでいうと、見やすく余計な機能を削ぎ落としたGoogleドキュメントに軍配が上がります。逆にWordは外出先で紙に出力することが前提の場合やWordでの作成が決められている場合に利用すると良いでしょう。

こちらの記事もご覧ください。