続!回線が遅いときはどうすればいい?4つの対処方を実践してみた

modem

通信速度を確認してみたところ、どうやらスマホが重くなっているのは回線に問題があるようだ。

そうわかっても、回線が遅いときはどうすればいいの?と、お悩みのあなたへ。
回線が遅いときの原因と対処方法をご紹介します。

原因と対処方法を知っておけば、スマホやパソコンが重くなったとき、通信速度があまりにも遅くなったときに、スムーズに対処できるでしょう。

快適にインターネット通信を楽しむためにも、知識をつけておくのがおすすめです。

どうしたら直る?回線が遅いときの原因と対処方法4つ

再起動や配線の見直しで解決!モデムやルーターの不具合

回線が遅い原因の一つに、回線が経由しているモデムやルーターが原因の場合も。モデムやルーターに接触不良などの不具合が起こることで、スマホやパソコンの通信が重くなるのです。

対処方法としては、モデムやルーターの電源を抜いて再起動を行いましょう。また、配線の見直しを行い、線をこんがらがった状態にしないのもポイント。

ネットで確認!インターネット回線の事業者における工事や故障

回線が遅くなる原因として、メンテナンスや通信障害となっている場合があります。実際に確認するためには、回線業者のホームページを確認するのがベスト。

また、自分だけなのか全体で起きているか、確認したいときに便利なのがツイッターです。

ツイッターの検索で関連するキーワードを入れて探すと、リアルタイムで状況がわかりますよ。

設置場所を変えてみよう!無線LANの設置環境が悪い

無線LANは置く場所や環境、電子機器から影響を受けやすいもの。そのため、設置場所によって適さないことがあります。

窓際に置いていたり、電子レンジなどの機器の近くに置いていたりしませんか。
重くて繋がらないときは、無線LANの設置場所を考え直しましょう。

また、複数台の端末を同時に接続しているときも、重くなる場合があります。使用していない端末は無線LANとの接続を切っておきましょう。

キャッシュ削除!インターネットのキャッシュが溜まっている

通信が遅くなる原因のひとつとして、キャッシュが挙げられます。
ただ、これは実際には遅くなっているように感じられるだけで、通信が遅くなっているわけではありません。

キャッシュは開いたことのあるページを、また開くときに早く表示できるようにするためのもの。1度開いたウェブサイトのページのデータを保存しておき、パッと表示できるようにしています。

このキャッシュが溜まりすぎて端末の容量(ストレージ)が不足することで、新しいページを開くときに通信速度が遅くなったように感じられるのです。

そのため、キャッシュを削除して、容量(ストレージ)に余裕をつくってあげると解消されるでしょう。

キャッシュは利用しているツール(Chrome、Internet Explorer、Safariなど)によって、削除する方法が異なります。それぞれ、確認のうえ削除をしてみてくださいね。

電子機器の不具合は再起動から試してみよう

wlan

スマホやパソコンの不具合だけでなく、回線の不具合のときも、まずは再起動を試しましょう。困ったときは再起動!を、覚えていってくださいね。

こちらの記事もご覧ください。